コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴルフィエ兄弟 モンゴルフィエきょうだいFrères Montgolfier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴルフィエ兄弟
モンゴルフィエきょうだい
Frères Montgolfier

(兄) ジョセフ  Joseph-Michael   1740.8.26. アノネ~1810.6.26. バラリュクレバン  
(弟) ジャック  Jacques-Étienne   1745.1.6. アノネ~1799.8.2. セリエール 
フランスの気球発明者。富裕な製紙業者を父にもつ。ジャックはパリで自然科学と建築学の教育を受け,しばらくは教会の設計などを行なっていたが,やがて兄弟そろって父の跡を継ぎ,アノネで製紙工場を経営。科学実験に深い関心をもち,1782年わらを焼いて熱した空気を大きな紙袋に詰めると空に浮くことを発見。翌 1783年6月4日アノネの広場で絹製の熱気球浮揚の公開実験を行ない,高度 1000m,距離 2kmあまりの飛行に成功。次いで9月 19日ベルサイユで,気球をそれまでのものより大きくしてヒツジやアヒルを乗せ,国王ルイ 16世の前で飛ばして成功した。さらに 11月 21日には2人乗りの気球を飛ばし,パリ上空を 25分間,9km飛行し,世界初の有人気球飛行に成功した。兄弟の気球は学界でも関心を呼び,1783年,ジョセフは科学アカデミーの会員,ジャックは国立研究所通信会員にそれぞれ選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モンゴルフィエ‐きょうだい〔‐キヤウダイ〕【モンゴルフィエ兄弟】

フランスの発明家。ジョセフ=ミシェル=モンゴルフィエ(Joseph‐Michel Montgolfier[1740~1810])とジャック=エティエンヌ=モンゴルフィエ(Jacques‐Étienne Montgolfier[1745~1799])の兄弟。熱気球を研究し、1783年、人類初の空中飛行に成功した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンゴルフィエ兄弟【モンゴルフィエきょうだい】

フランスの気球発明者。兄はジョゼフ・ミシェル〔1740-1810〕,弟はジャック・エティエンヌ〔1745-1799〕。紙製造業者であったが,協力して気球を研究,1783年熱空気を満たした気球の公開飛昇に成功。
→関連項目航空

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴルフィエきょうだい【モンゴルフィエ兄弟】

兄はジョセフJoseph Michel Montgolfier(1740‐1810),弟はジャックJacques Étienne Montgolfier(1745‐99)。フランスの気球(熱気球)発明者で,気球による人類初の飛行を成功させた。 フランスのリヨンに近いアノナーで製紙業を営んでいたが,煙が空へ登っていくのを観察して,それを閉じこめた気球の着想を得,多量の煙を発生する湿ったわらなどを燃やして,その煙と熱せられた空気を布で裏打ちした紙製の直径10mの気球につめ,1783年6月5日にアノナーで上昇させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モンゴルフィエ兄弟の関連キーワードシャルル(Jacquesモンゴルフィエ(兄弟)飛行機航空史セガン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴルフィエ兄弟の関連情報