コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタナ モンタナ Montana, Joe

4件 の用語解説(モンタナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタナ
モンタナ
Montana, Joe

[生]1956.6.11. ペンシルバニア,ニューイーグル
アメリカ合衆国のアメリカンフットボール選手。本名 Joseph Clifford Montana,Jr.。 1980年代を代表するクオーターバック QB。ノートルダム大学在学中の 1977年,全米王座獲得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モンタナ【Montana】

アメリカ合衆国西部の州。北はカナダと国境を接し、西半分はロッキー山脈が占める。銅・鉛・マンガンなどを産出。州都ヘレナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンタナ
もんたな
Montana

アメリカ合衆国北西部の山岳州。面積38万1086平方キロメートル、人口90万2195(2000)。州都ヘレナ。北はカナダと接し、東をサウス・ダコタ州とノース・ダコタ州、南をワイオミング州アイダホ州、西をアイダホ州と境を分かつ。主要河川のミズーリ川が州南西部から北流し、さらに東流する。北東部には全米最大の規模をもつフォート・ペック・ダムがある。西部には、州土の40%を占めるロッキー山脈が広がり、東部の残り60%が高地平原地帯である。気候は東西で差はあるものの涼しく乾燥した大陸性気候を呈し、冬の寒さが厳しい。地理的条件にもあまり恵まれず、全米第4位の面積規模のわりには人口は少なく、最大都市ビリングズでも8万9847(2000)ほどである。また、工業的発展の遅れはみられるが、農業、鉱業、林業、観光業が発達する。東部の平原地帯には小麦、大麦、ライムギジャガイモの広大な畑が広がり、ウシを中心とした牧畜は農業収益の3分の2を占める。また、深い森林と峡谷、湖などを特徴とし、グレーシャー国立公園イエローストーン国立公園をはじめ、釣り、狩猟、スキーメッカであり、観光・行楽資源に事欠かない。かつての隆盛はみられないが、石油・石炭などの鉱物資源も豊富で、鉱業も州経済に重要な役割を果たす。クリスマス・ツリーの出荷地としても有名である。
 1740年代にフランスの探検隊が入り、1803年のルイジアナ購入で州の大部分が、また46年のオレゴン条約で北西部が合衆国に渡る。63年にアイダホ準州の一部となり、翌年モンタナ準州を形成し、89年には第41番目の州となる。1867年から77年まで、先住者であるインディアンとの間に幾多の抗争が繰り返されており、とくに76年のリトル・ビッグ・ホーンの戦いはよく知られる。1880年に銅が発見されて世界一の銅生産地となり、83年のノーザン・パシフィック鉄道の開通によって急速な発展をみることになった。主要都市にはビリングズ、グレート・フォールズ、ミズーラ、ヘレナなどがあげられる。州名はスペイン語で「山がち」の意。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンタナの関連キーワードペンシルペンシルベニアペンシルハウスかしいかえんシルバニアガーデングラフペンシルベロシティペンシルPENCO シャープペンシルラッションペン シルバーペンシルベニア・バレエ団トランシルバニア・アルプス[山脈]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンタナの関連情報