コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーズリーの法則 モーズリーのほうそく Moseley's law

5件 の用語解説(モーズリーの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーズリーの法則
モーズリーのほうそく
Moseley's law

種々の元素の特性X線の波長λは,その原子番号 Z との間に λ=c/A2(ZB)2 の関係があるという法則。 AB は特性X線の各系列に特有な定数,c は光速度である。 1913年に H.モーズリーにより実験的に見出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーズリー‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【モーズリーの法則】

元素に固有な特性X線の振動数の平方根は、それを放出する元素の原子番号に比例するという法則。1913年にモーズリーが発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーズリーの法則【モーズリーのほうそく】

種々の元素の特性X線(X線スペクトル)と原子番号の間に成り立つ法則。特性X線スペクトルは各元素とも類似した構成をもち,短波長のほうからK,L,M,…などの系列に分けられるが,そのうちK,L系列について,振動数νと原子番号Zとの間に(式1)という関係が成り立つ(K,sは系列によってきまる定数)というもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モーズリーのほうそく【モーズリーの法則 Moseley’s law】

元素の特性X線の波数(波長の逆数)と原子番号の関係を与える法則。種々の元素について特性X線中の対応するスペクトル線に着目すると,波数kと原子番号Zとの間に,の関係が成り立つというものである。ここでKsはスペクトル線の種類によって決まる定数である。1913年H.G.J.モーズリーが実験的に見いだしたもので,N.H.D.ボーアの原子模型に理論的な根拠を与えるとともに,原子核の周囲の電子構造解明の手がかりを与え,元素の周期律表は原子量よりも原子番号によって整理されるべきもの,いいかえれば原子番号のほうがより基本的な量であることを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーズリーの法則
もーずりーのほうそく

X線には連続X線固有X線(特性X線)とがあるが、この固有X線の波長λの逆数の平方根は、固有X線が放出されるターゲット(対陰極)物質の原子番号Zに比例する。すなわち

となる。イギリスの物理学者H・G・J・モーズリーが1913年にみいだしたので、これをモーズリーの法則という。このことは、水素原子に対するボーアの原子モデルで説明することができる。それによるとnmを任意の整数として

となる。ここにRはリュードベリ定数である。ところが、詳しく実験してみると、

Zに比例するというのは正確でないことがわかる。は、

を縦軸に、Zを横軸にとったものである。これによって

Zに比例しないことがわかる。むしろ、

の形に書ける。ここにKsは定数である。つまり、

Zに正比例するのではなく、Zの一次関数となるわけである。これは、原子番号が大きくなると、ボーアの原子モデルが修正を受けることを意味する。原子内電子は原子核のみの力を受けるのではなく、原子内の他の電子からも力を受けるはずである。このため定数sが導入される。[大槻義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモーズリーの法則の言及

【X線】より

…対陰極に衝突した電子が対陰極の原子の内殻電子をたたき出して生じた空孔に,外殻の電子が落ち込んで元の状態に戻るとき,そのエネルギー差をX線として放出するもので,発生の機構は蛍光X線の場合と同じである。特性X線の波長λに関しては,対陰極物質の原子番号をZとすると,という関係があり(Ksはスペクトル系列ごとに決まる定数),これをモーズリーの法則と呼んでいる。なお,対陰極には陰極のタングステンフィラメントが少しずつ蒸着するため,古くなったX線管では,特性X線のスペクトル中にタングステン固有の線スペクトルが出ることがあり,注意を要する。…

※「モーズリーの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モーズリーの法則の関連キーワードスペクトル系列波数波浪蛍光X線極紫外分光計分光蛍光光度計アーバック則結合原理ブラッグ‐ピアース則モーズレイの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone