コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーターグライダー motor glider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーターグライダー
motor glider

小型の動力 (エンジン) をもつグライダー飛行機などによる引き揚げを必要とせずに自力離陸できるものと,自力では離陸できないが,上昇気流が少ないときや非常時に補助的にエンジン (サステナー) を使うものがある。練習の際に単独でも飛び立て,気象の急変などに対応できる安全面からも,いまではグライダーの多くが小型動力付きになっている。動力を使わなければ競技会に出場できる。このほか,プロペラを備え完全な飛行機の形,能力をもちながら,どこへでも着陸できたり,安い航空燃料で飛べたりする利便性からモーターグライダーとしての扱いを受けている機種もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モーター‐グライダー(motor glider)

小出力のエンジンを備えた、自力で離陸できるグライダー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モーターグライダー【motor glider】

グライダーで、小型のエンジンと推進機を装備し、自力で離陸・上昇できるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーターグライダー
もーたーぐらいだー
motorglider

出力50キロワット(約67馬力)以下の原動機を装備するグライダーで、法規上は動力滑空機という。動力をもたない通常のグライダーが、自力で離陸や上昇ができないこと、上昇気流を利用できなくなったときの高度の回復がむずかしいこと、危険を避けるための着陸復航ができないこと、などの弱点を補うことができる。飛行中自由にエンジンを停止・始動することができ、エンジンを停止してのグライディング(滑空)中は、プロペラのピッチのフェザー位置(ブレード―プロペラの羽根)を気流と平行にして抵抗を減らす。一見、きわめて便利そうであるが、グライダーとしては、エンジンや着陸装置の重量が加わって重くなるとともにその取り付けのために機体の抵抗が増え、飛行機としてはエンジンの出力が低く強度も大きくないなど中途半端の性格で、どちらの性能も十分でない欠点がある。しかし、構造が簡単、操縦が容易、安定性が高く離陸にも手間がかからず、価格も安いなどの特長がスポーツ用として迎えられ、日本でも愛好者が少なくない。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモーターグライダーの言及

【グライダー】より

…飛行機のように固定翼をもつが,推進のための動力はもたず,上昇気流を利用して上昇したり,長距離を滑空する航空機。小型のエンジンと推進器をもち,自力で離陸,上昇し,空中でエンジンを止めて滑空を行うものはモーターグライダーmotor gliderという。
[滑空の原理]
 固定翼をつけた航空機は,前進することで翼に働く空気力を利用して空中に浮くことができるが,この空気力のうち,進行方向に垂直上向きに働く力を揚力,進行方向に平行で後向きに働く力を抗力と呼ぶ。…

【ハイブリッド航空機】より

…ハイブリッドとはあいのこ(雑種)の意味。上述の例は翼付きヘリコプターと呼ばれるが,ハイブリッド航空機には,このほかグライダーに低馬力の推進装置をつけ,自力によって離陸できるとともに滑空も行えるモーターグライダー,飛行機に自由回転をする回転翼を備えオートローテーション着陸や短距離での離陸が行えるようにしたオートジャイロ,翼付きヘリコプターにさらに推進器まで備えた複合ヘリコプター(コンパウンドヘリコプター)などがある。このように他の航空機の特性を加え合わせることによって,現在では広告などごく限られた分野にしか利用されていない飛行船にも新しい用途が開ける可能性がある。…

※「モーターグライダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーターグライダーの関連キーワードハイブリッド航空機セールプレーン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android