コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーラス モーラス Maurras, Charles

5件 の用語解説(モーラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーラス
モーラス
Maurras, Charles

[生]1868.4.20. マルティーグ
[没]1952.11.16. ツール
フランスの作家,政治家。 1886年文学的野心をもってパリに出,モレアスとともに古典への復帰を目指す「ロマーヌ派」 école romaneを結成するが,その復古主義は文学的なものから次第に政治的なものに移行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーラス

フランスの評論家。初め古典への復帰を唱える詩人,文芸批評家として活躍。ドレフュス事件を機に政治に関心を抱き,右翼団体アクシヨン・フランセーズを結成,その中心人物になる。
→関連項目ティボーデドーデ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モーラス【Charles Maurrus】

1868‐1952
フランスの思想家。〈ロマーヌ派〉の詩人として出発,評論集《アンティネア》(1900)に見られるように,古代ギリシアに普遍的美の極致と完璧な調和を見いだし,近代の思想,文学を否定した。こうした立場はドレフュス事件の経験を通じて,金に支配される近代社会への危機意識に支えられ,精神の復権を実現しうるユートピアとしての王政復古を希求するモナルシスムに転化し,1899年思想団体アクシヨン・フランセーズを創始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モーラス【Charles Maurras】

1868~1952) フランスの批評家・詩人。古典美術を理想とし、近代社会への批判と王政復古論を展開した。評論「知性の将来」、詩集「内面の音楽」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーラス
もーらす
Charles Maurras
(1868―1952)

フランスの思想家。南仏マルチーグに生まれる。「ロマーヌ」派の詩人として出発、評論集『アンティネア』(1900)にみられるように、古代ギリシアに普遍的美の極致と完璧(かんぺき)な調和をみいだし、近代の思想・文学を否定した。こうした立場はドレフュス事件の経験を通じて、金に支配される近代社会への危機意識に支えられ、精神の復権を実現しうるユートピアとしての王政復古を希求するモナルシスムに転化し、1899年思想団体「アクシオン・フランセーズ」を創始した。『知性の未来』L'Avenir de l'intelligence(1905)や『君主政治に関するアンケート』(1909)にうかがわれるその思想は、1900年代から1930年代にかけてのフランスの青春に大きな影響を与え、右翼の精神的支柱であった。第二次世界大戦中ビシー政権に協力したため、フランス解放後、終身禁錮に処せられ、1938年以来占めていたアカデミー・フランセーズ会員の座からも追われた。作品としてはほかに評論『ベネチアの恋人たち』(1902)、詩集『内面の音楽』(1925)、『わが政治思想』(1937)などがある。[渡辺一民]
『後藤敏雄訳『ヴェネチアの恋人たち――ジョルジュ・サンドとミュッセ』(1972・弥生書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモーラスの言及

【アクシヨン・フランセーズ】より

ドレフュス事件をきっかけとして組織されたフランスの国粋主義的政治団体,およびその機関紙名。1899年にモーラスら反ドレフュス派の知識人を中心に結成され,まもなく王政復古を旗印とした。カムロ・デュ・ロアCamelots du roiという行動隊をもち,ユダヤ人,プロテスタント,フリーメーソン,社会主義者を“異国人”として排撃した。…

※「モーラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モーラスの関連キーワードマレルブラフォンテーヌラ・フォンテーヌリオタールコペースタールマーハーンロマンスの日リスト:詩的で宗教的な調べ/piano soloアルマーヌ派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーラスの関連情報