コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モールス符号 モールスふごう Morse Code

翻訳|Morse Code

6件 の用語解説(モールス符号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モールス符号
モールスふごう
Morse Code

S.モースによって発明された電信用符号。 1838年頃に原型ができ,1844年には実用化された。短い発信 (点) と比較的長い発信 (線) を組合せアルファベットや数字を表わしたもの。基本表は世界的に共通して使われているが,通信技術の発達により,この符号を使ったモールス信号は商業通信としては 1999年に廃止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モールス‐ふごう〔‐フガウ〕【モールス符号】

Morse code》米国のS=F=B=モースが考案した通信符号。長短2種の組み合わせによって文字を表す。短符号をトン、長符号をツーとよぶところから、トンツーともいう。19世紀中ごろから使われ始め、長く船舶間の通信や海難事故の救助信号SOS)として利用されたが、1990年代になってデジタル技術が発達し、1999年に遭難通信はGMDSS方式に完全移行した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モールス符号【モールスふごう】

S.F.B.モースが考案した電信符号。1840年代から種々の改良が加えられ,現在では長点と短点とを組み合わせてアルファベットや数字等を表す国際モールス符号が国際間で規約されている。
→関連項目印刷電信機現波符号信号電信電信機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モールスふごう【モールス符号 Morse code】

S.F.B.モースが考案した電信符号。短点および長点(短点の3倍)の組合せで構成され,文字と符号によって長さが異なる。和文符号と欧文大陸符号がある(図)。文字と文字の間隔は3短点長,語と語の間隔は7または5短点長である。伝送特性のきわめて悪い海底ケーブルには,モールス符号の短点に正電流を,長点に負電流を対応させ,長さを等しくする現波符号が用いられる。モースは最初はテープ印字方式としてモールス符号を考案したが,直接音響でよみとる音響方式としての高速性が評価されて広く普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モールスふごう【モールス符号】

モースによって考案された電信の符号。長短二種の符号の組み合わせで構成される。トン-ツー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モールス符号
もーるすふごう
Morse code

短点と長音の組合せによって文字や記号を表す電信符号。アメリカの画家でありニューヨーク大学の教授であったS・F・B・モースが1832年にヨーロッパから帰る航海中、船客の一人から見せられた電磁石に興味をひかれ、この素子を用いた電信装置実現の発想が彼の心をとらえた。この装置を運用するために考案したのが最初のモールス符号である。その後何回かの改良が行われ、実用的な符号を完成していく一方、ベイルAlfred Lewis Vail(1807―1859)の助けを受けて1837年、通信装置の機械部分が完成した。この優れた通信システムがアメリカで実用化実験にこぎ着けるまで、このあと実に8年を要している。この符号を用いてワシントンDCボルティモア間に最初の電文“What hath God wrought”(神のなせし業(わざ))が伝送されたのは1844年5月24日のことであった。
 モールス符号は短点1に対し長音3の長さをもち、符号の要素間隔1、文字間隔3、語間隔7、で構成される符号である。一般の英文で使用頻度の多い文字ほど短い符号が割り当てられ、伝送能率に考慮が払われているなど、符号理論上も優れた構成である。欧文符号は国際通信用として国際電気通信連合(ITU)の電信電話世界主管庁会議において統一された符号が定められており、和文符号は電波法の無線局運用規則によって定められている。モールス符号が発明されてから150年以上にもわたって、気象業務や海上移動業務の通信に使用されたのは、この符号が、通信関係者が世界的規模の意志伝達の媒体としてはぐくんできた洗練されたものであり、他の通信システムより海上移動業務の通信においては能力的に優れているからである。印刷電信などに用いる機械のための符号は人間の知覚で判断できないが、モールス符号は通信装置が次々に発達していくなかで、人間が立ち入ることができ、即時の判断が人間に任せられた符号なのである。
 モールス符号を日本にもたらしたのはペリーで、1854年(安政1)に横浜で1.6キロメートルの単線によるモールス電信の実演を行ったという。和文符号は1869年(明治2)に工部省がつくったものであるが、アルファベットにいきなりイロハを当てはめた傾向があり、符号長と文字の使用頻度についての関係も合理性がない。
 長きにわたって世界中で使用されたモールス符号であるが、国際海事機関(IMO)の決定により、新システムである「海上における遭難及び安全に関する世界的な制度」(GMDSS)への切り換えを理由に、1999年(平成11)をもって遭難通信に使用することを禁止された。これは、海上通信において、一般通信にモールス通信を継続使用する意味を失わせるものであり、日本でも、最後に残っていたNTT(日本電信電話株式会社)の長崎無線局が、同年1月31日をもっていっさいのモールス符号による電気通信業務を停止した。しかし、日本では、漁船の無線局に乗務する多数の第三級総合無線通信士資格の所有者を第三級海上無線通信士資格に昇格させるための、英語力アップの再教育システムの欠如により、2011年時点でも、完全なGMDSSへの移行が行えていない。つまり日本の漁船は現在でも、モールス通信によって国際海域で漁を続けているのである。2011年時点で、新システムヘ移行が困難であるという国家、地域、があるという情報はない。韓国がいまだにモールス通信の海岸局数局を維持し、船舶と通信しているけれども、経済や技術の問題とは考えられないから、深慮あっての措置であろうと思われる。[石島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモールス符号の言及

【符号】より

… 符号の種類には,(1)情報伝送用,(2)情報処理用,(3)情報交換用,(4)誤り制御用,(5)暗号用,(6)同期用などきわめて多様のものがある。情報伝送用として古くから知られているものはモールス符号である。モールス符号は電信用符号として考案されたもので,短点と長点から構成される。…

【文字コード】より

…文字は離散的かつ冗長な情報なので,符号に対応させると誤りには弱くなるが,伝送,処理などの能率は改善される。古くは電信に使ったモールス符号が有名である。欧文モールス符号の場合,文字集合はアルファベットや数字やいくつかの特殊文字で,そのおのおのに短点と長点の組合せを対応させ,その組合せを送信して文字情報を伝えた。…

※「モールス符号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モールス符号の関連キーワード印刷電信SOS電信餡蜜印刷電信機電信機トンツー有線電信印刷電信符号電信符号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モールス符号の関連情報