コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナ[川] ヤナ

百科事典マイペディアの解説

ヤナ[川]【ヤナ】

ロシア,東部シベリアの川。サハ共和国中部の山地に発し,北流して北極海ラプテフ海に注ぐ。全長879km。蛇行(だこう)が著しく,中州早瀬が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤナ[川]【Yana】

ロシア連邦,シベリア北東部の川。長さ872km,流域面積23万8000km2。ベルホヤンスク山脈の北~東斜面(2295m峰)から北に流下するドゥルガラフ,サルタング両河川合流点よりヤナ川となり,さらに北流して2ヵ所の低い山脈を横断(この部分は早瀬となる),ラプテフ海(北極海の一部)のヤナ湾に長大な三角州(面積5000km2)をつくって終わる。下流は10月初旬~6月初旬,上流では10月中旬~5月初旬に結氷する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤナ[川]の関連キーワードロシア連邦ロシア

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android