コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブソテツ

3件 の用語解説(ヤブソテツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤブソテツ

オシダ科の常緑シダ。本州南部〜九州の山地に多い。葉は集まって出て,高さ70〜100cm,羽状複葉で羽片は大型,独特の網状脈があり,点状の胞子嚢群が散在。葉柄には濃褐色で大形の鱗片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブソテツ【Cyrtomium fortunei J.Sm.】

本州以南の暖地の林床や路傍に普通にみられるオシダ科の常緑多年生シダ植物イラスト)。根茎は短く斜上し,地表生,5~8枚の葉を叢生(そうせい)する。葉柄には黒褐色で披針形から長楕円状披針形の鱗片があり,基部のものほど大型で密生する。葉は単羽状複葉,長さ50~70cm。羽片は通常15~25対,やや鎌形にまがり,先端は鋭尖頭から急尾状,基部はくさび形から広くさび形,上側に耳垂が出ることもある。胞子囊群は羽片の裏面のほぼ全体に多数散在し,包膜は円形で楯状につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブソテツ
やぶそてつ / 藪蘇鉄
[学]Cyrtomium fortunei J. Sm.

オシダ科の常緑性シダ。根茎は短く斜上し、長さ40~80センチメートルの1回羽状複葉を束生する。葉柄につく鱗片(りんぺん)は鋭くとがり、基部のものほど幅が広い。羽片は10~25対ほどで、先端が上向きに曲がる幅の狭い鎌(かま)形である。葉脈は網状、胞子嚢(のう)群は数多く散らばってつき、円形で全縁の包膜をもつ。本州以南の林下や路傍に生ずる。変種のヤマヤブソテツは山地に多く、幅の広い羽片が10対前後つき、包膜には鋸歯(きょし)がある。
 メヤブソテツC. caryotideumは、本州以南の山地の、とくに石灰岩地に多い。辺縁に鋸歯をもつ羽片は、ヤマヤブソテツよりさらに幅広く、数は10対以下と少ない。基部前側には三角形の耳状突起が目だつ。北海道南部以南の主として海岸近くに分布するオニヤブソテツC. falcatumは、大形で葉が暗緑色で光沢があり、見栄えがよいので欧米でも観賞用に栽植される。羽片は革質で堅い。ヤブソテツの仲間は三倍体が多く、無配生殖(卵細胞以外の細胞が単独に分裂し、胞子体を生ずる現象)を行うことが知られている。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブソテツの関連キーワード猩猩蜻蛉大鷺羽黒蜻蛉板甫牡蠣蝦夷蝉熊蝉立壺菫大和小灰蝶

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone