コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブソテツ

百科事典マイペディアの解説

ヤブソテツ

オシダ科の常緑シダ。本州南部〜九州の山地に多い。葉は集まって出て,高さ70〜100cm,羽状複葉羽片は大型,独特の網状脈があり,点状の胞子嚢群散在葉柄には濃褐色で大形の鱗片がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブソテツ【Cyrtomium fortunei J.Sm.】

本州以南の暖地林床や路傍に普通にみられるオシダ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。根茎は短く斜上し,地表生,5~8枚の葉を叢生(そうせい)する。葉柄には黒褐色で披針形から長楕円状披針形の鱗片があり,基部のものほど大型で密生する。葉は単羽状複葉,長さ50~70cm。羽片は通常15~25対,やや鎌形にまがり,先端は鋭尖頭から急尾状,基部はくさび形から広くさび形,上側に耳垂が出ることもある。胞子囊群は羽片の裏面のほぼ全体に多数散在し,包膜は円形で楯状につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブソテツ
やぶそてつ / 藪蘇鉄
[学]Cyrtomium fortunei J. Sm.

オシダ科の常緑性シダ。根茎は短く斜上し、長さ40~80センチメートルの1回羽状複葉を束生する。葉柄につく鱗片(りんぺん)は鋭くとがり、基部のものほど幅が広い。羽片は10~25対ほどで、先端が上向きに曲がる幅の狭い鎌(かま)形である。葉脈は網状、胞子嚢(のう)群は数多く散らばってつき、円形で全縁の包膜をもつ。本州以南の林下や路傍に生ずる。変種のヤマヤブソテツは山地に多く、幅の広い羽片が10対前後つき、包膜には鋸歯(きょし)がある。
 メヤブソテツC. caryotideumは、本州以南の山地の、とくに石灰岩地に多い。辺縁に鋸歯をもつ羽片は、ヤマヤブソテツよりさらに幅広く、数は10対以下と少ない。基部前側には三角形の耳状突起が目だつ。北海道南部以南の主として海岸近くに分布するオニヤブソテツC. falcatumは、大形で葉が暗緑色で光沢があり、見栄えがよいので欧米でも観賞用に栽植される。羽片は革質で堅い。ヤブソテツの仲間は三倍体が多く、無配生殖(卵細胞以外の細胞が単独に分裂し、胞子体を生ずる現象)を行うことが知られている。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブソテツの関連キーワードヤブソテツ(藪蘇鉄)シールドファーンオニヤブソテツヤマヤブソテツ折鶴羊歯鬼藪蘇鉄陰生植物牛込羊歯細葉雉尾鬼羊朶鬼羊歯オシダ雄羊歯百足草虎の尾雉尾貫衆

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android