コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブラン(藪蘭) ヤブランLiriope platyphylla; big blue lilyturf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブラン(藪蘭)
ヤブラン
Liriope platyphylla; big blue lilyturf

ユリ科の多年草。アジア東部の暖帯に分布し,樹林下に生える。根茎木質で太く短く,走出枝を出さない。じょうぶな根を多数出し,しばしば一部が球状にふくれる。茎は叢生し,高さ 30~50cmになる。線形の葉は鈍頭,縁は膜質ですべて根出する。夏に,葉と同長またはやや短い花茎を伸ばし,先端に総状花序をなして多数の淡紫紅色の花を密生する。花は斜め上向きで,花被片6枚。黒色球形の種子ができる。根茎は咳止め,解熱などの薬用にされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤブラン(藪蘭)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android