コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマシャクヤク

百科事典マイペディアの解説

ヤマシャクヤク

本州〜九州の山中の林にはえるボタン科多年草。茎は高さ50cmに達し,分枝せず3〜4個の葉をつける。葉は大型で,2回3出複葉。4〜6月,茎頂に径4〜5cmの花を1個上向きに半開する。
→関連項目シャクヤク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマシャクヤク
やましゃくやく / 山芍薬
[学]Paeonia japonica (Makino) Miyabe et Tatew.

ボタン科の多年草。根は赤みを帯び、肥厚して肉質となる。茎は高さ30~50センチメートル、基部に鱗片(りんぺん)状に退化した根出葉がある。茎葉は2回3出複葉、小葉は楕円(だえん)形で毛はない。4~6月、茎の先に径約5センチメートルの白色花を1個ずつ上向きに開く。萼片(がくへん)は3枚で緑色、花弁は5~7枚あって、半開の状態にとどまる。果実は袋果で、秋に裂開し、紅色で不稔(ふねん)の小さな種子と大きな黒青色の成熟した種子が露出する。落葉広葉樹林の林内や林縁に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。和名は、日本で古くから栽培されるシャクヤクに似ており、日本の山地に自生することによる。シャクヤクは中国や東シベリアなどに分布する別種P. albiflora Pall. (P. lactiflora Pall.)で、全体が大きく、葉に光沢がある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマシャクヤクの言及

【シャクヤク(芍薬)】より

…白芍は滋養補血,鎮痙(ちんけい)・鎮痛効果があり,他の生薬と配合して月経調節,胃けいれんの疼痛,慢性胃炎,肝臓疾患,リウマチ性関節炎などに,赤芍は浄血解毒の効があり,他の生薬と配合して婦人科疾患,打撲傷などの内出血,神経痛などに用いられる。 ヤマシャクヤクP.japonica Miyabe et Takeda(イラスト)は日本・朝鮮・中国に自生し,花は直径4~5cm,白色,花弁は5~7枚。小葉の基部は葉柄にそって伸びない。…

【石灰植物】より

…石灰岩地帯にはほとんど分布しない植物を嫌石灰植物calcifugeというのに対して,好石灰植物ともいう。分布のしかたからみて,石灰植物にはイチョウシダ,クモノスシダのように石灰岩地帯には広く分布するが,それ以外ではみられず,石灰岩地帯に限られるものと,イワシデ,ヤマシャクヤクのように石灰岩地帯に多いが他の母岩にもみられるものがある。石灰植物のうちトダイハハコ,シライワコゴメグサなどは近縁植物とは変種程度の差しかなく石灰岩地帯で比較的新しく分化したものと考えられるが,チチブミネバリのように近縁植物がみられないものは分化が古いと考えられる。…

※「ヤマシャクヤク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマシャクヤクの関連キーワード日本のおもな植物園石灰植物野芍薬山錫杖草牡丹牡丹草

ヤマシャクヤクの関連情報