コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトグサ

2件 の用語解説(ヤマトグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマトグサ

ヤマトグサ科の多年草。本州(関東以西)〜九州の山地の林にはえる。茎は高さ15cm内外,花がすめば地面を長くはう。葉は卵形で対生。4〜6月に淡緑色の花を開く。雄花は各節に1〜2個つき,3枚の花被片は外側にそり返り,多数のおしべが垂れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトグサ
やまとぐさ / 大和草
[学]Theligonum japonicum Okubo et Makino

ヤマトグサ科の多年草。全体にやや軟弱である。茎はまばらに分枝して斜上し、高さ15~30センチメートル。葉は対生し、卵形で長さ1~3センチメートル、鋸歯(きょし)はなく、基部に目だつ托葉(たくよう)がある。春、葉腋(ようえき)に淡緑色の単性花を開く。雄花は著しく反り返る3枚の花被片(かひへん)と、約20本の下垂する長い雄しべがある。雌花はごく小さく、花被は鐘状で子房は下位。果実は痩果(そうか)。山地のやや日陰に生え、関東地方以西の本州から九州に分布する。
 ヤマトグサ科は1属3種のみの植物で、日本を代表する珍しいものとして大和草の名がついた。アカネ科に近縁の植物である。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone