コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブキショウマ(山吹升麻) ヤマブキショウマAruncus sylvester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマブキショウマ(山吹升麻)
ヤマブキショウマ
Aruncus sylvester

バラ科の多年草北半球温帯から亜寒帯にかけて広く分布し,日本では各地の山地高山帯の下部にまで普通にみられる。根茎は木化し,茎は高さ 1mに達し平滑で毛はない。葉は大型の2回3出複葉で長い柄がある。小葉卵形膜質で縁に重鋸歯があり,光沢があるものが多い。この小葉の感じがヤマブキの葉に似ているところからこの名がある。雌雄異株。夏に,茎頂に円錐状の総状花序をなして多数の小さな白色花をつける。萼は5裂し,花弁は5枚でへら形をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android