コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティニアヌス Justinianus

デジタル大辞泉の解説

ユスティニアヌス(Justinianus)

(1世)[483ころ~565]東ローマ帝国皇帝。在位527~565。皇后テオドラや名将ベリサリウスらに補佐されて、ゴート・バンダル両王国を討ってローマ帝国旧領を回復。絹織物業を興し、聖ソフィア寺院を建立、法学者トリボニアヌスらにユスティニアヌス法典を編纂させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ユスティニアヌス【Justinianus】

(一世)(483頃~565) ビザンツ帝国の皇帝(在位527~565)。ベリサリウスを派遣してバンダル・東ゴート・西ゴート南部を征服し、ローマ帝国領を回復。法典を編纂へんさんさせ、聖ソフィア大聖堂を建立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ユスティニアヌスの関連キーワード聖カトリーナ修道院地域カスルイブンワルダンサン・ビターレ教会サンビターレ聖堂ガジアンテップ城ラスアルヒラール聖ソフィア大聖堂ハギア・ソフィアシンプリキオス聖ソフィア教会ガジアンテップビザンツ帝国聖ヨハネ教会アカデメイアアヤソフィア聖ヨハネ聖堂ウルピアヌスプロコピウスローマ法大全皇帝教皇主義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android