ユスティニアヌス

精選版 日本国語大辞典「ユスティニアヌス」の解説

ユスティニアヌス

(Flavius Petrus Sabbatius Justinianus フラビウス=ペトルス=サバティウス━) 一世。東ローマ帝国皇帝(在位五二七‐五六五)。大帝。バンダル・東ゴート・西ゴート・ササン朝ペルシアを討ってローマ帝国の旧領回復。教会に対して皇帝権を確立したほか、ユスティニアヌス法典を編纂させ、東ローマ中興の英主と呼ばれた。(四八三頃‐五六五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ユスティニアヌス」の解説

ユスティニアヌス(Justinianus)

(1世)[483ころ~565]東ローマ帝国皇帝。在位527~565。皇后テオドラや名将ベリサリウスらに補佐されて、ゴート・バンダル両王国を討ってローマ帝国の旧領を回復。絹織物業を興し、聖ソフィア寺院建立、法学者トリボニアヌスらにユスティニアヌス法典を編纂させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android