コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリウス2世 ユリウスにせいJulius II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリウス2世
ユリウスにせい
Julius II

[生]1443
[没]1513.2.21. ローマ
教皇 (在位 1503~13) 。フランシスコ会士。伯父シクスツス4世によって 1471年枢機卿。本名 Giuliano della Rovere。教皇として教皇領再建に尽力。外交政策を駆使してベネチアに対抗し,イタリアへのフランスの野心をくじき,フランス勢にくみした枢機卿らによる離教の危機は,1512年第5回ラテラノ公会議を開催して収拾した。インド,アフリカに宣教師を派遣。芸術の保護者であり,ミケランジェロラファエロらを登用。新しい聖ペテロ大聖堂の礎石を置いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユリウス2世の関連キーワードサンピエトロインビンコリ教会ローマ教皇 ユリウスII世ジュリアーノ・デ・メディチアレクサンデル(6世)コンセルバトーリ美術館チェーザレ・ボルジャサン・ピエトロ大聖堂トルデシリャス条約システィナ礼拝堂ノン・フィニートカンブレー同盟ラテラン公会議バチカン美術館レオ(10世)イタリア戦争創世記の物語アテネの学堂イタリア美術ラファエッロアリオスト

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android