ユング・シュティリング(読み)ゆんぐしゅてぃりんぐ(英語表記)Jung-Stilling

  • 1740―1817

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの小説家。本名ヨハン・ハインリヒ・ユング。ウェストファーレンのヒルヒェンバッハ近郊に生まれる。小学校教師、町工場主の番頭などの職を経たのち医学を学んで開業医となり、さらに経営学の大学教授に転じた。友人ゲーテの世話で出版された『ハインリヒ・シュティリングの幼年時代』(1777)とその続編全六巻は、敬虔(けいけん)主義的色彩の濃い自伝小説として知られる。

[伊藤利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android