コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーカラ Yukar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーカラ
Yukar

アイヌの叙事詩の一つ。神々のユーカラと人間のユーカラがあるが,普通,後者をさす。英雄説話として発達した長大なうたい物で,アイヌ文学の中心をなす。主人公はポイヤウンベと呼ばれ,名族の子。幼くして両親に別れ,他人の手に養われているが,突然起る変事によって自分の素姓を知り,敵を倒し,親のかたきを討ち,敵国の美しい少女を得て帰国する。このような筋の英雄伝説が,六段物,八段物,十段物など,さまざまに,主人公の一人称の叙述で,簡単な節をつけて物語られる。細部については,おいたち,両親の死の原因,戦いの原因などが異なり,兄が登場する話もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ユーカラ

アイヌ口頭文芸の一ジャンルである英雄叙事詩の,北海道胆振(いぶり)・日高地方などでのアイヌ語呼称。正しくは〈ユカラ〉。別なジャンルである神謡を〈神々のユーカラ〉と呼ぶ研究やアイヌ口頭文芸全体をユーカラと呼ぶ研究もあり,アイヌ語呼称としてのユーカラと混同しやすいので注意が必要である。
→関連項目金成マツ金田一京助知里真志保

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーカラ【yukar】

アイヌの口承文芸の一つ。yukarの原意は〈まねる〉だが,体験を物語る意味になり,詞曲(アイヌの口承文芸のうちの〈うたわれるもの〉を指す)の総称にもなった。アイヌの社会にシャマニズムが生きていた頃の託宣の言葉が巫謡tusu‐sinotchaとなり,ユーカラへと発達したとされている。神の託宣が母体だから,本来は〈私は……私は……〉というように,一人称で語られる。日常語と少し違うアトムテ・イタクatomte‐itak(〈かざられた言葉〉の意)を使い,すべて口伝えで伝承されるが,伝承者の人柄や巧拙などの影響で,筋立てと常套句以外の細かい部分は回を重ねるごとに変わっていく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユーカラ

アイヌ口承文芸のうち、節をつけ韻文で語られる叙事詩。広義には、人間の英雄を主人公とした戦闘・恋愛の長編叙事詩である英雄詞曲(人間のユーカラ)と、自然神や人文神が主人公でサケヘ(リフレイン)を挟んで謡われる神謡(神々のユーカラ)をさすが、狭義には英雄詞曲のみをさす。なお、地域によって呼称が異なり、英雄詞曲をユーカラ・サコロペ・ヤイエラプ・ハウ・ハウキなどと、神謡をカムイ-ユーカラ・オイナなどと呼んでいる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーカラ
ゆーから

アイヌの口承文芸の一つで、「まねる」という意味のユカラykarから体験を物語る意味になり、詞曲の総称にもなった。日常語のヤヤンイタクyayan-itak(普通のことば)でなくアトムテイタクatomte-itak(飾られたことば)で語る。アイヌの社会にシャーマニズムが生きていたころの託宣のことばが、巫謡(ふよう)となり、ユーカラへと発達した。神の託宣を母体にしたので「私は……、私は……」と、第一人称説述体で語られていたが、一つの形態として確立してからは第三人称叙述体のものもみられるようになった。すべて口碑伝承によるが、回を重ねるごとに伝承者自身の人柄や巧拙などの影響でストーリーと常套句(じょうとうく)を除いて変化していく。[萩中美枝]

神々のユーカラ

ユーカラに現れる神は多様で、アイヌにとって重要な神もあれば人間の知恵に負けて引き下がる神もいる。これらの神々が自分の体験を語る形式をとる比較的短編の物語で、折返し(リフレイン)がつくのが特徴である。火・風などの自然神、シマフクロウ・桂(かつら)などの動・植物神、臼(うす)・舟などの物神の物語と、人間の始祖とされる神の語るものがあり、前者の「自然神のユーカラ」のほうが後者の「人文神のユーカラ」よりも変化に富み、一編一編に曲がついていて数も多い。折返しも意味のあるものがみられ、たとえば「銀のしずく降る降るまわりに、金のしずく降る降るまわりに」という折返しは、村をつかさどる神のシマフクロウが物語のなかでこの歌を歌いながら舞う情景からとっている。ほかにも語る神の声や音で表すこともあり、リズミカルに語り進む。人文神のユーカラは導入部を文字にすると「人間のユーカラ」に似ているが、それ以降の物語の展開の仕方、語り口などで判別できる。自然神のユーカラをカムイユーカラkamuy-yukar、人文神のユーカラをオイナoynaとよぶ習慣があるが、採録・文字化されたものが比較的多かった地方の呼称法で、オイナといえば自然神のユーカラをさす地方も多く、サコラウ、マッユーカラなど多くの名称もあって一様ではない。[萩中美枝]

人間のユーカラ

人間のユーカラのヒーローは城の高床の上でたいせつに育てられている。育てるのは姉がもっとも多く、ついで兄、おじ・おばのこともあるが血縁ではない。ヒーローの実名も伝えず、住んでいる土地の名に、幼い、若いという意味のポンponと、神や人の意味を表すクル-kurをつけてよぶ。シヌタプカにいればポンシヌタプカウンクルpon-sinutapka-un-kur(若いシヌタプカにいるひと)、オタスッならポンオタストゥンクルpon-otasut-un-kurで、ポイヤンペpon-ya-un-pe(小さい陸地びと)という別名もみられる。物語の内容は大同小異で、冒頭にヒーローがだれに育てられているかの説明があって城の中の描写に移り、成長していくようすが語られる。成人に達しようとするころから筋書きが変わり、なにかの理由で城を出て、外での体験を経て城に帰るまでの物語で、巫術(ふじゅつ)に優れ超能力をもっているヒーローは際限なく戦いにも勝ち、美しい女に恋されることもある。英雄詞曲とよばれるゆえんだが、女性がヒロインとなる場合もある。
 江戸時代には「蝦夷浄瑠璃(えぞじょうるり)」などといわれたが、金田一京助によって明らかにされ、その採録先〔胆振(いぶり)と日高の沙流(さる)地方〕の呼称法をとってユーカラといえば「人間のユーカラ」のことをさすようになった。ほかにサコロベsa-kor-pe、ヤィェラプyayerap、ハウhawなどの名称がある人間のユーカラは、短くても2000~3000行、一晩語り明かしても終わらないほど長大なものもあった。樺太(からふと)(サハリン)のハウキhawkiはあおむけに寝ながら語るが、古文献によると北海道でもかつてはその方法がとられたらしい。江戸末期からは演者も聞き手もレプニrep-niという棒で炉縁(ろぶち)や床(ゆか)を打ちながら調子をとり、戦闘の場面になると、演者の声と聞き手のヘッチェhetche(聞き手の掛け声)とレプニが激しく交錯し、愛の語りになると細い女声がそれに和する。常套句の反復が多いが、かえって一定の既知の語彙(ごい)の巧みな組合せが物語をより神秘的にさせる。祭りのなか、雪の夜に語られたユーカラも変容を重ね、従来の姿で語れる人は数えるほどになった。[萩中美枝]
『金成まつ筆録、金田一京助訳注『アイヌ叙事詩ユーカラ集』全9巻(1959~75・三省堂) ▽金田一京助著『アイヌ叙事詩ユーカラの研究』全2冊(1931/再版・1967・東洋文庫) ▽知里幸恵編訳『アイヌ神謡集』(岩波文庫) ▽『知里真志保著作集1・2』(1973・平凡社) ▽久保寺逸彦編著『アイヌ叙事詩神謡・聖伝の研究』(1977・岩波書店) ▽萩中美枝著『アイヌの文学ユーカラへの招待』(1980・北海道出版企画センター) ▽萱野茂著『カムイユカラと昔話』(1988・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のユーカラの言及

【アイヌ】より

…【河野 本道】
【文学】
 広義には歌謡も含まれるが,一般にアイヌの文学といわれているものは,口承文芸の中の叙事文学に属し,〈うたわれるもの〉と〈語られるもの〉に大別できる。これらはアイヌの社会にシャマニズムが生きていた頃の託宣の言葉がトゥス・シノッチャtusu‐sinotcha(巫謡)となり,ユーカラyukar(詞曲)へと発達し,さらに語られる文学へと発展したものである。神の託宣を母体とするので,〈私は……私は……〉と,第一人称説述体で語られるものが多い。…

【アイヌ】より

… このように,アイヌ民族は13~15世紀に北方諸民族をはじめ中国・日本との関係を持ちつつ活発な動きを展開し,それを大きな契機として一つの民族としてのまとまりを急速に強めていった。英雄ユーカラの成立も,こうしたアイヌ民族をとりまく内外の動向と深くかかわっているとみられるが,成立の時期については14~16世紀説,17世紀末~18世紀説の二つの見解がある(ただしその歴史性を認めない見解もある)。
[和人の侵入]
 15世紀に入ると日本社会との間に大きな矛盾が発生した。…

【アイヌ語】より

…アイヌは古来文字を用いず,アイヌ語固有の文字体系はないが,17世紀以来かたかなやラテン文字,キリル文字によってアイヌ語を記録することが行われ,近年ますます出版物が増えている。叙事詩ユーカラに用いられる言葉と日常会話に用いられる言葉は,語彙や言い回しの点でかなり異なっており,前者を〈雅語〉,後者を〈口語〉あるいは〈日常語〉と呼んで区別している。
[音韻]
 母音はi,e,a,o,uの5,子音はp,t,k,c,s,m,n,r,h,’(喉頭音),w,yの12で,音節構造は北海道方言で子音+母音,子音+母音+子音の2種類,樺太方言ではそれに子音+母音+母音(ただし同一母音)を加えた3種類だけである。…

※「ユーカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユーカラの関連キーワードニコライ ネフスキー杉村 キナラブック杉村キナラブック鍋沢 ワカルパ荒井 シャヌレ荒井シャヌレ金田一 京助石山 キツエ鍋沢ワカルパ久保寺 逸彦ネフスキー砂沢 クラ二谷一太郎久保寺逸彦石山キツエ金成 マツ白沢 ナベ四宅 ヤヱ早坂文雄コポアヌ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android