ユーカリ油(読み)ユーカリゆ(英語表記)eucalyptus oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーカリ油
ユーカリゆ
eucalyptus oil

ユーカリ属の植物の葉,枝を水蒸気蒸留して得られる精油で,ユーカリプトールピネン,カンフェン,ゲラニオールリモネンシトロネラールなどのテルペンを多く含む。石鹸,歯磨き用香料医薬品などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ユーカリ油

 フトモモ目フトモモ科ユーカリノキ属の[Eucalyptus globulus]の葉を水蒸気蒸留して得る精油で,1,8-シネオールを主成分とする.薬剤や着香剤として使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーカリゆ【ユーカリ油 eucalyptus oil】

ユーカリ類の葉を乾燥し,これから抽出して得られる精油。一般に生葉に0.7~0.9%含有される。ユーカリ属には数百の種があり,それぞれから得られる精油の成分は異なるが,代表的なものはシネオールC10H18O40~80%を主成分とし,ピネンC10H16,ピノカルベオールC10H16Oなどを含む。レモンユーカリなどはゲラニオール,シトロネロールなどを含むことも知られている。ユーカリ油は駆虫剤,防腐剤に用いられるほか,咳止めに吸引用としたり,ハッカを混じて温湿布用などにも利用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユーカリゆ【ユーカリ油】

ユーカリの若葉を水蒸気蒸留して得る精油。主成分はシネオール。特異の芳香をもつので香料とし、また消炎・清涼・防腐作用があるので鼻炎吸入剤・うがい薬・去痰薬ともする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーカリ油
ゆーかりゆ
eucalyptus oil

オーストラリア原産フトモモ科のユーカリノキの葉を水蒸気蒸留すると得られる精油。主要成分はユーカリの種類によって異なり、シネオール系ユーカリ油(シネオールを70%以上含む)、ピペリトン・フェランドレン含有ユーカリ油、シトロネラール・酢酸ゲラニル含有ユーカリ油の3種に大別される。用途は薬用が多く、口腔(こうくう)剤、咳(せき)止め、消毒剤および合成香料原料となる。また、樟脳白油(しょうのうはくゆ)(シネオール含有)は人造ユーカリ油として使用されている。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ユーカリ‐ゆ【ユーカリ油】

〘名〙 ユーカリ類の葉や枝を水蒸気蒸留して得られる油。芳香、防腐性があり、石けんなどの香料や医薬品に用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のユーカリ油の言及

【ユーカリ】より

…材は心材淡黄褐色,気乾比重0.75~1.0で,建築,枕木,電柱,器具,パルプなど用途が広い。葉からユーカリ油をとり,薬用,駆虫剤,香料に用いる。 ユーカリ属Eucalyptusは400~500種の樹木からなり,そのほとんどがオーストラリアおよびタスマニア島に分布する。…

※「ユーカリ油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユーカリ油の関連情報