ユースホステル(読み)ゆーすほすてる(英語表記)youth hostel

翻訳|youth hostel

日本大百科全書(ニッポニカ)「ユースホステル」の解説

ユースホステル
ゆーすほすてる
youth hostel

青少年が健康な野外活動をするために簡易質素な宿泊施設としてのホステルを活動拠点として、積極的に自然に親しむ運動をいい、狭義にはその宿泊施設をよぶ。20世紀初頭にウォルフ・マイネンWolf Meyenenによって始められたワンダーフォーゲル運動と結合して、1909年リヒアルト・シルマンRichard ShirmannがユーゲントヘアベルゲJugendherberge(青少年宿泊所)の建設を始めたことから世界に広まり、1998年現在で56か国にユースホステル協会がある。日本では1951年(昭和26)に日本ユースホステル協会が結成され、国立ユースホステルセンター(滋賀県大津市)をはじめ、55年には総施設数557、年間宿泊者数221万0094人を数えたが、その後利用者は減少、2000年(平成12)現在、総施設数349(国営1、公営35、協会直営39、契約274)、年間宿泊者数78万6000人(日本人67万8000人、外国人10万8000人)となっている。

 ユースホステルには旅行ホステルと休暇ホステルがあり、後者はさらに、夏季、冬季、週末、都市など、利用形態によって分けられる。ホステリングは、ホスピタリティhospitality(親切心)を基調にした奉仕と友愛の精神で、自主的に協同生活を行いながら秩序と規律を守り、国際性をもった活動をしていくことが中心である。ホステル内の活動はすべてセルフサービスで、同じ日に同じホステルに泊まった者は、ペアレンツとよばれる管理者を中心にしてミーティングをしたりレクリエーションをしたりして交流を深める。ユースホステルを利用するには、あらかじめ日本ユースホステル協会に申し込み、登録を受け、その指導を受けるようにするとよい。

[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ユースホステル」の解説

ユース‐ホステル(youth hostel)

青少年旅行者のための健全で安価な宿泊施設。YH

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ユースホステル」の解説

ユースホステル
youth hostel

青少年の旅行活動を振興するために設けられた国際的な宿泊施設。青少年が自力で簡素な旅行を行い,心身の健全な発達をはかり,知識を広め,共同生活を通じて規律ある習慣を体得するために必要とされる宿泊施設を設置する運動が,20世紀の初めドイツの R.シルマンによって提唱された。やがてこの運動はヨーロッパ各国から世界に広がり,1934年には国際ユースホステル連盟が設立された。日本では 51年日本ユースホステル協会が結成され,54年国際ユースホステル連盟に加盟した。施設には公営,国営のものおよび旅館寺院などとの契約による民営のものがある。会員数が 72年をピークに減少し続けているため,一部施設では飲酒を解禁するなど宿泊規則を改める動きが出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ユースホステル」の解説

ユース‐ホステル

〘名〙 (youth hostel) 青少年旅行者のための健全で安価な宿泊所。多く会員制になっている。一九〇九年にドイツのR=シルマンが始めた。日本には昭和二六年(一九五一)に導入された。ユース。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android