コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーフォルビア ユーフォルビア 〈ラテン〉Euphorbia

3件 の用語解説(ユーフォルビアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユーフォルビア(〈ラテン〉Euphorbia)

トウダイグサ科トウダイグサ属の一年草または多年草。ほぼ世界中に分布し、多肉植物あるいは観葉植物として栽培される。本来は、トウダイグサ科の属名の一つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユーフォルビア【Euphorbia】

トウダイグサ科トウダイグサ属Euphorbiaのうちの多肉植物を,園芸的にはユーフォルビアあるいは多肉ユーフォルビアと総称する。また近年,石油植物としてトウダイグサ属をユーフォルビアの名で扱う報告書も見られる。多肉ユーフォルビアは500種をこす大群で,アフリカマダガスカルを中心に,アラビアインドメキシコなどに分布する。 多肉ユーフォルビアの形態はきわめて多様で,サボテン科に匹敵するほど変化に富む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユーフォルビア【Euphorbia】

トウダイグサ科ユーフォルビア属の植物の総称。温・熱帯に500種以上が分布。形態はきわめて多様。茎葉を傷つけると出る乳液にテルペン系炭化水素などを含み、ガソリン-ツリーと呼ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユーフォルビアの言及

【トウダイグサ】より

…平地の路傍や河畔に普通に見られるトウダイグサ科の二年草(イラスト)。ユーラシアの暖温帯に広く分布し,日本では本州,四国,九州に産する。高さ30cm内外。切ると白色の乳液が浸出し,有毒。葉は互生し,倒卵形で細かい鋸歯がある。茎の先に5枚の輪生葉が生じ,5本の分枝に黄緑色で広卵形の苞葉と,径2mmほどの杯状花序を密につける。和名はこの風変りな草形を昔の灯台に見立てたことに由来している。花期は4~5月ごろ。…

※「ユーフォルビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーフォルビアの関連キーワード藺草榎草御笑い種巴豆ククイ高灯台灯台草夏灯台タピオカデンプントウダイグサ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユーフォルビアの関連情報