コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナグニサン(与那国蚕) ヨナグニサンatlas moth

世界大百科事典 第2版の解説

ヨナグニサン【ヨナグニサン(与那国蚕) atlas moth】

鱗翅目ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張,雄は18cm内外,雌は20cm内外。ヤママユガ科は一般に大型だが,本種は日本産の最大種であるとともに,世界でも翅の面積のもっとも広いガの一つである。翅は赤褐色,前・後翅とも大きな三角形の透明紋があり,周囲を黒帯でかこまれている。前翅頂は鎌状に突出し,その部分の前縁近くに黒紋があり,下のほうには赤色条がある。この鎌状部の形と斑紋は,ヘビの頭部を連想させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨナグニサン(与那国蚕)の関連キーワードアヤミハビル館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android