ヨナグニサン(与那国蚕)(読み)ヨナグニサン(英語表記)atlas moth

世界大百科事典 第2版の解説

ヨナグニサン【ヨナグニサン(与那国蚕) atlas moth】

鱗翅目ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張,雄は18cm内外,雌は20cm内外。ヤママユガ科は一般に大型だが,本種は日本産の最大種であるとともに,世界でも翅の面積のもっとも広いガの一つである。翅は赤褐色,前・後翅とも大きな三角形の透明紋があり,周囲を黒帯でかこまれている。前翅頂は鎌状に突出し,その部分の前縁近くに黒紋があり,下のほうには赤色条がある。この鎌状部の形と斑紋は,ヘビの頭部を連想させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android