コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨルガオ

百科事典マイペディアの解説

ヨルガオ

熱帯アメリカ原産のヒルガオ科のつる性多年草であるが,一年草として栽培されている。ユウガオ(ウリ科のユウガオとは別種)ともいう。葉はハート形で先がとがる。7月,漏斗(ろうと)形でアサガオに似た径10cm内外の白い花が夕方開き,翌朝しぼむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨルガオ
よるがお / 夜顔
[学]Calonyction aculeatum House

ヒルガオ科の不耐冬性の一年生つる草。俗にユウガオ(夕顔)ともいうが、ユウガオはウリ科の植物で、かんぴょうの原料植物であり、本種とは別種である。熱帯アメリカ原産で、高温下で旺盛(おうせい)に生育し、つるは約10メートルに達する。葉はサツマイモ(ヒルガオ科)の葉に似た心臓形で、さらに大きい。夏、各葉腋(ようえき)から長い花柄を出し、乳白色花を数個開く。花冠はアサガオ(ヒルガオ科)に似たらっぱ形で細長い筒状部があり、径約12センチメートル、日暮れに開いて芳香を放ち、ヤガ(夜蛾)を誘う。花は翌朝しぼみ、花期後に砲弾形の大きな莢(さや)をつける。鉢や生け垣に植え、夕刻の開花を楽しむ。種子は象牙(ぞうげ)色をして大きく堅いので、飾り物に利用する。繁殖は実生(みしょう)により、播種(はしゅ)は5月ころとする。種子は堅くて吸水しにくいので、一部に傷をつけると、よく生育する。近縁のベニバナユウガオは花は紅紫色で径6センチメートルと小さく、つるに多くの刺(とげ)がある。[伊藤秋夫]

文化史

熱帯アジアでは一部で若葉と花が野菜として食べられている。インドネシアでは花は乾かして保存もされる。日本には明治の初めに導入された。近年はしばしばユウガオと誤称されるが、『源氏物語』のユウガオをはじめ、古来のユウガオはウリ科のヒョウタン類の花であり、ヨルガオではない。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨルガオの関連キーワードヨルガオ(夜顔)ユウガオ(夕顔)夜開草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android