コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライダー ライダー Ryder, Albert Pinkham

6件 の用語解説(ライダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライダー
ライダー
Ryder, Albert Pinkham

[生]1847.3.19. ニューベッドフォード
[没]1917.3.28. ニューヨークエルムハースト
アメリカの画家。 1868年に家族とともにニューヨークに移住し,ナショナルアカデミー・オブ・デザインで学んだ。ほとんどの作品を彼自身創立にたずさわったアメリカン・アーティスツ協会に出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライダー(rider)

オートバイなどの乗り手。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライダー

レーザーレーダーとも。レーザー光線を使って大気中のエーロゾルや雲などを観測する測器。基本の原理はレーダーと同じであるが,マイクロ波の代りに光が用いられる。レーザー光としては波長694.33nmのルビーレーザーや532nmのヤグレーザーがよく用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ライダー【Albert Pinkham Ryder】

1847‐1917
アメリカの幻想画家。捕鯨の基地ニューベドフォード生れ。ニューヨークで絵を学び,1870年代から風景画を描きはじめる。幻想性の濃い世界に入ったのは80年ごろからで,聖書やシェークスピア,E.A.ポーなどから発想した超日常的なビジョンを追う。自然主義的なロマンティシズムだが,奔放な動勢をはらむ単純化されたイメージによって,表現主義の先駆ともされる。【桑原 住雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ライダー【rider】

(オートバイなどの)乗り手。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライダー
らいだー
Albert Pinkham Ryder
(1847―1917)

アメリカの幻想画家。捕鯨基地だったニュー・ベッドフォードに生まれ、幼い時から海と結び付いていた。1867年ニューヨークに移って絵を学び、70年代に入って描き始めた風景画に早くもライダーらしい薄暮の夢幻のような幻想性が現れたが、極度の弱視もその原因の一端とみられる。77年以後、4回にわたってヨーロッパを訪れたが影響を受けることなく、80年代からはますます幻視性の濃い特異な世界に入った。聖書やシェークスピアなどから構想した超日常的なイメージを奔放な動勢にのせて描き、近代表現主義のアメリカ的先駆として高く評価されている。[桑原住雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のライダーの言及

【てんびん(天秤)】より

…支点と力点,支点と重点の距離(腕の長さ)は厳密には等しくないので,1×10-4よりよい精度の測定には,左右の配置を入れかえた2回の測定の平均値をとる二重秤量法,同じ皿上で物体と分銅とを置換し,同じ腕を共用する置換秤量法を用い腕の長さの狂い(比の狂い)による誤差を消去する。微小な質量の加減はライダーriderと称する線状の補助分銅をライダーざお上で移動して行い,わずかな零点と静止点との差は感度の逆数を乗じ質量差に変換する。 手動てんびんの秤量は0.1g~1000kg程度,感量は秤量の1/104~1/106で,精密さ,使用目的に応じて次のように分類される。…

※「ライダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライダーの関連キーワードアメリカの声アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影アメリカの空アメリカの声(VOA)ニューベドフォード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライダーの関連情報