コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライニア

百科事典マイペディアの解説

ライニア

リニアとも。シルル紀後期に栄えた古生マツバラン類。最初の陸上植物の一つ。草本性で葉がなく,外観は単純に見えるが,現生のシダのように世代交番を行ったと考えられる。
→関連項目プシロフィトン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライニア【Rhynia】

古生マツバラン類(無葉類)に属する絶滅シダ植物の1属で,ライニー植物群の主要植物(イラスト)。リニアともいう。名は発見されたスコットランドのライニーRhynieにちなむ。約4億年前のデボン紀前期の植物で,葉のない裸の茎が二叉(にさ)分枝を繰り返し,先端に胞子囊をつけている。匍匐(ほふく)する地下茎から地上茎が直立している。大型の高さ50cmくらいのライニア・マヨールR.majorと,小型の高さ20cmくらいのライニア・ギンボニイR.gwynnevaughaniの2種がとくによく知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のライニアの言及

【裸茎植物】より

…現生種はマツバラン属とイヌナンカクラン属の2属に分類され,それぞれ独立の科として扱われるが,化石は知られておらず,デボン紀に滅んでしまった古生マツバラン類とは直接の系統関係はないとみなされている。古生マツバラン類は,葉も根もない一つの系統群と考えられていたが,茎の表面に付属物をつけず,茎が二叉(にさ)分枝し,胞子囊を頂生するライニア群,茎の表面に付属物をまれにつけ,茎は三叉以上に分枝することがあり,胞子囊は頂生するがしばしば反曲するトリメロフィトン群,茎の表面に葉的付属物をつけ,茎は単軸分岐し,胞子囊は軸生のゾステロフィルム群の3群に分かれることが明らかとなっている。現生種は,ウラジロ科近縁のシダ類であるとする説や,小葉植物と類縁があるとする説などもある。…

※「ライニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ライニアの関連キーワードアステロキシロンおしべ(雄蕊)リニア類裸茎植物

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android