ライフ・サイクル仮説(読み)らいふさいくるかせつ(英語表記)life-cycle hypothesis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライフ・サイクル仮説
らいふさいくるかせつ
life-cycle hypothesis

F・モディリアーニ、R・ブルンバーグ、A・K・アンドーの3人の経済学者によって提唱された消費関数についての仮説。個人は、労働所得が増加する青年期や壮年期には所得以下に消費を抑えて差額を貯蓄することにより資産を蓄積し、老年期に入って所得が減少するとこれを費消して消費水準を維持する。このように、個人の消費行動は、単にその時々の所得水準をもとに決められるのではなく、その個人が一生の間に稼得する所得、すなわち「生涯所得」をもとに、生涯にわたる消費の流れから得られる効用が最大になるように決定される、というものである。この仮説は、M・フリードマンの恒常所得仮説と同じような考え方にたつものであるが、個人の消費行動が人生の各段階に応じて異なる点に着目して理論を構成しており、接近方法は異なっている。[内島敏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android