コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライムライト limelight

翻訳|limelight

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライムライト
limelight

石灰に酸水素炎 (水素と酸素の混合ガスの炎。約 3000℃) を吹きつけて白熱させたときに発する強い白色光。ジルコン鉱を用いるとさらに強い光を得る。 1825年 T.ドラモンドが発明したのでドラモンド光ともいう。 37年,この光をレンズにより集光して照射し,初めてスポットライトとして用いたのは,演劇史上で画期的な出来事であった。 1860年代には太陽や月の光を写実的に実現できるようになり,さらに舞台照明にも使われるようになって,従来の暗いフットライトに取って代った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ライムライト

1952年製作のアメリカ映画。原題《Limelight》。チャールズ・チャップリン監督・主演のコメディー映画の名作。共演:クレア・ブルーム、バスター・キートン。第45回米国アカデミー賞劇映画作曲賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライムライト【lime light】

石灰光,灰光灯,カルシウムライトcalcium lightとも呼ばれた。酸素と水素を管から吹き出させ,燃焼させて得られる無色の炎(酸水素炎という。温度約2800℃)を石灰棒あるいは石灰球に当てると強い光輝ある白熱光が発生する(石灰は,光輝を得る物理的な効果のために使用される)。この光をレンズで集光し,俳優や舞台を照らすのに用いられた。欧米の劇場では19世紀の中期から20世紀初頭にかけて使用されたが,電灯が発明されてからはしだいにすたれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ライムライト【limelight】

〔ライムは石灰の意〕
石灰片を酸水素炎で熱して強い白色光を出す装置。一九世紀後半、西欧の劇場で舞台照明に使われた。
名声。評判。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ライムライトの関連キーワードジェラルディン チャップリンロバート オルドリッチバスター キートンクレア ブルームエグレフスキーピーターソンアルドリッチ中島ボイル野々すみ花佐藤都輝子石橋穂乃香本田博太郎Chomo多井一晃中谷昌代市瀬秀和仁茂田優ヘードン上野宝子徳竹未夏

ライムライトの関連情報