コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグアイラ La Guaira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグアイラ
La Guaira

ベネズエラ北部,連邦区北部の都市。首都カラカス外港で,カラカスの北約 10kmにあり,カリブ海にのぞむ。 1577年建設の古い町であるが,暑い気候 (年平均気温約 27℃) と背後に海岸山脈が迫り拡張の余地がなかったことから,長い間発展がはばまれてきた。しかし,港湾施設の近代化,海浜保養地の開発,西方マイケティアの国際空港の建設などに伴って,近年次第に発展。現在同国の主要港として,外国貿易の約半分を取扱っている。カラカスとはトンネルを含む延長約 15kmの高速道路で連絡し,その大都市圏を構成する。人口2万 6669 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐グアイラ(La Guaira)

ベネズエラ北部の港湾都市。バルガス州の州都。カリブ海に面し、首都カラカスの外港として建設され、同国随一の貿易港に発展。付近の海岸は保養地として人気がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラグアイラの関連キーワードモナガス州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android