コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラティモア Lattimore, Owen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラティモア
Lattimore, Owen

[生]1900.7.29. アメリカ,ワシントンD.C.
[没]1989.5.31. アメリカ,ロードアイランド,ポータケット
アメリカのアジア研究家。幼時両親とともに中国に渡り,12歳まで過した。その後イギリスで教育を受けたのち,1919年再び中国に移り,商社員や新聞記者を経て,25年以来中国研究にたずさわった。 28~29,30~31年ハーバード大学大学院で学んだ。 34~41年太平洋問題調査会の機関誌『パシフィック・アフェアーズ』の編集を担当。第2次世界大戦中,41~42年蒋介石総統特別政治顧問,43~44年アメリカ政府戦時情報局太平洋作戦部長などをつとめた。戦後はジョンズ・ホプキンズ大学教授となったが,50年マッカーシズム旋風 (赤狩り) によって職を去り,63年7月以来イギリスのリーズ大学教授をつとめ,70年引退。彼の研究は中国の辺境問題に重点がおかれ,『満州における蒙古民族』 The Mongols of Manchuria (1934) ,『中国の内陸アジア辺境』 Inner Asian Frontiers of China (40) などはその代表的著作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラティモア(Owen Lattimore)

[1900~1989]米国の東洋学者。第二次大戦前後に中国辺境地帯を踏査して内陸アジアを研究、大戦中は蒋介石の特別顧問となる。1945年には、対日賠償使節団の一員として訪日した。著「中国」「アジアの焦点」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラティモア

米国の東洋学者。1920年中国に渡り,上海北京天津などで商業従事。1926年モンゴル,1927年トルキスタンを旅行。1928年帰国してハーバード大学に学び,1929年中国東北調査旅行。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラティモア Lattimore, Owen

1900-1989 アメリカの東洋学者。
1900年7月29日生まれ。幼・少年期を中国ですごし,帰国後ハーバード大にまなぶ。満州(中国東北部),モンゴルの調査をおこない,太平洋問題調査会の機関誌主筆,ジョンズ-ホプキンズ大教授などを歴任。第二次大戦中,蒋介石(しょう-かいせき)の政治顧問をつとめた。昭和20年対日賠償使節団の一員として来日。1989年5月31日死去。88歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ラティモア【Owen Lattimore】

1900‐89
アメリカ生れの東洋学者。特に内陸アジア史研究の権威。幼くして両親に従って中国に渡り,12歳まで滞在した。成人したのちにも英字新聞の記者として,あるいはアメリカの社会科学研究会,地理学会の援助で中国,特に内モンゴル,新疆一帯を旅行した。1941年には蔣介石の政治顧問となり,44年には米副大統領ウォーレスに従って初めてモンゴル人民共和国を訪れた。彼は各地を実地見聞するとともに,当時の中国,モンゴルの状況を分析し,多くのすぐれた著作を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラティモア【Owen Lattimore】

1900~1989) アメリカの東洋学者。第二次大戦前後に中国辺境地帯を踏査し内陸アジアを研究する。著「中国」「アジアの焦点」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラティモア
らてぃもあ
Owen Lattimore
(1900―1989)

アメリカのアジア研究家。幼年期を中国で過ごす。ハーバード大学などで学び、1934年から太平洋問題調査会の『パシフィック・アフェアーズ』誌編集長。1938年ジョンズ・ホプキンズ大学講師。のち教授に就任。極東問題に対する学識が買われ、1941~1942年蒋介石(しょうかいせき)の政治顧問。1943年から戦時情報局極東部主任。第二次世界大戦後は、1945年(昭和20)10月対日賠償使節団の一員として訪日するなど、初期の占領政策に少なからぬ影響を与えた。1950年マッカーシズムの赤狩り攻撃を受けたが、上院の聴聞会で反撃。しかし1963年アメリカを去り、イギリスに渡った。同年から1970年までイギリス・リーズ大学教授。そののちパリのラティモア・モンゴル学研究所所長。[藤本 博]
『ラティモア著、陸井三郎訳『アメリカの審判』(1951・みすず書房) ▽ラティモア著、磯野富士子訳『ラティモア 中国と私』(1992・みすず書房) ▽長尾龍一著『アメリカ知識人と極東――ラティモアとその時代』(1985・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラティモアの関連キーワードビッソン トーマス・アーサーO. ラティモアロードアイランド州マッカーシイズム磯野富士子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android