コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴聞会 チョウモンカイ

百科事典マイペディアの解説

聴聞会【ちょうもんかい】

行政機関が,規則の制定,行政処分または行政上の裁判をするにあたり,その行為の適法性・正当性を期して,行政手続の一つとして利害関係人や第三者の意見を聞くために開く会合。米国で発達した制度で,第2次大戦後日本でも採用した。→行政手続法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうもんかい【聴聞会】

行政機関が行政処分、規則の制定・改定などを行う前に、利害関係者などの意見をきくために開く会。 → 公聴会

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聴聞会
ちょうもんかい

行政機関が規則を制定したり、争訟を裁決し、また、行政処分を行う際に、相手方、利害関係人および第三者等の意見や弁明を聞くためにとられる手続である。元来、アメリカ行政法上に発達した制度であり、行政の適正手続の一環として位置づけられている。わが国では、許可の取消しや営業の停止等、不利益処分を行う際に認められることが多い。しかし、アメリカの連邦行政手続法のような通則的な法律がなく、法令により不統一で内容的にも不備なものが多い。[福家俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聴聞会の関連情報