コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋問題調査会 たいへいようもんだいちょうさかい Institute of Pacific Relations; IPR

6件 の用語解説(太平洋問題調査会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平洋問題調査会
たいへいようもんだいちょうさかい
Institute of Pacific Relations; IPR

アジア,太平洋地域に関する政治,経済,社会問題などの科学的研究の促進,専門家の相互交流を目的とする国際的な民間の調査研究団体。 1925年設立。一般に自由主義的傾向が強く,季刊機関誌"Pacific Affairs"を刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいへいようもんだい‐ちょうさかい〔タイヘイヤウモンダイテウサクワイ〕【太平洋問題調査会】

Institute of Pacific Relations》太平洋周辺諸国の相互理解を深めるために、種々の調査研究を行った民間の国際的協力機関。1925年に設立。日本も参加したが、実質的活動は60年まで。IPR

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太平洋問題調査会【たいへいようもんだいちょうさかい】

太平洋地域の政治・経済・社会問題の調査および地域諸国民の相互理解を図るための民間の国際研究団体。1925年設立。中国をめぐる日米間の対立調整が中心課題だった。第2次大戦後マッカーシイズムの余波を受け1960年解散。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいようもんだいちょうさかい【太平洋問題調査会 Institute of Pacific Relations】

太平洋地域に利害関係を有する諸国家・諸民族の相互理解と正確な情報交換を目的とした国際的な調査団体。略称IPR。YMCAの活動に端を発し,1925年のホノルル会議をもって発足,61年まで存続した。日本,中国,朝鮮,アメリカイギリスカナダオーストラリア等の民間有識者によって組織された。本部はホノルルに置かれ,のちにニューヨークへ移った。活動の内容は定期的に国際会議を開催して,各国の代表者による討論を行うこと,および太平洋関係諸問題に関する学術的調査研究であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいへいようもんだいちょうさかい【太平洋問題調査会】

太平洋地域の諸国家・諸民族の相互理解を目的として調査研究を行なった国際的協力機関。1925年発足。日本支部は自由主義者が中心となって26年設立、第二次大戦中は脱退状態にあったが50年復帰。61年まで存続。 IPR 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋問題調査会
たいへいようもんだいちょうさかい
Institute of Pacific Relations

略称IPR。1925年ホノルルでの民間研究機関・学者の国際会議で設立された民間研究討論機関。アメリカを中心に太平洋の14か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドフランスオランダインド、ソ連、フィリピン、日本、中国、後のインドネシアパキスタン)で構成、ただしソ連は戦後、中国は中国革命後は不参加第二次世界大戦終了まではその研究業績・政策立案は参加諸国の政策に寄与したが(ことに連合国の対日占領政策などで)、そのため戦後反動期にIPR関係者はマッカーシズムの攻撃を受け、その醵金(きょきん)者も減り、IPRの活動そのものも衰退したが、いまも存続し、機関誌『パシフィック・アフェアーズ』(季刊)は出ている。[陸井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太平洋問題調査会の関連キーワード利害関係者三面訴訟唇歯補助参加利害関係利害関係人アジア太平洋地域地図会議国際関係を有する可航水路の制度に関する条約《太平洋地図》特別利害関係者等

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太平洋問題調査会の関連情報