コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプテフ海 ラプテフかいmore Laptevykh; Laptev Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラプテフ海
ラプテフかい
more Laptevykh; Laptev Sea

北極海の縁海の一つ。ロシア,タイムイル半島とその北に続くセーベルナヤゼムリャーを西端,ノボシビルスキー諸島を東端に,シベリア北岸を南限とする海域。西部でカラ海と,東部で東シベリア海とつながる。この地の海岸地図を作成したラプテフ兄弟にちなんで命名された。面積約 71万 km2,平均深度約 578m,最高深度約 2980m。海域は大陸棚が大半を占めて浅い。レナ川ハタンガ川ヤナ川などが流入するため,沿岸部は特に海水の塩分濃度が低く (20~25‰) ,8~9ヵ月間結氷する。氷層を掘るとマンモスを含む氷河時代以前の多数の動物遺骸が発見できる。東部には薄い堆積物の下に非常に古い残存氷層が認められる。港はレナ川河口近くにチクシオレニョク川河口にオレニョクがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラプテフ海【ラプテフかい】

北極海の一部で,シベリア北方のタイミル半島ノボシビルスク諸島の間の海域。ロシア語でMore Laptevykh。面積約65万km2。最大水深3385m。
→関連項目北極海ヤナ[川]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラプテフかい【ラプテフ海 More Laptevykh】

ロシア連邦北東部の海。北極海の一部で,南は北東シベリアの海岸,西はタイミル半島とセベルナヤ・ゼムリャ諸島,東はノボシビルスク諸島で限られる。面積66万2000km2。海域の大半は大陸棚におおわれて浅く,深度は50mを超えないが,海域北部は大陸棚斜面を過ぎるので,最深点は3385mに達する。シベリア側の海岸部は屈曲に富み,レナ,ハタンガ,オレニョク,ヤナなどの大河の河口の大きな三角州や大小の半島が突出し,あるいは溺れ谷を形づくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラプテフ海
らぷてふかい
Море Лаптевых More Laptevh

北極海の一部で、シベリア沿岸のタイミル半島およびセーベルナヤ・ゼムリャと、ノボシビルスク諸島とに挟まれた部分。ハタンガ川、オレニョク川、レナ川、ヤナ川などの川が流入する。面積約66万2000平方キロメートル。大陸棚が発達するが、北部は最大水深3385メートルに至る。一年の大部分は結氷し、わずかに8~9月に沿岸の航行が可能となる。レナ川の河口近くにティクシ港がある。18世紀の北極探検家ラプテフ兄弟にちなんで名づけられた。[宇根 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラプテフ海の関連キーワードセベルナヤ・ゼムリャ[諸島]ドミトリーラプテフ海峡ノボシビルスク[諸島]ヤナインジギルカ低地ビリキツキー海峡チェリュスキン岬サンニコフ海峡北シベリア低地ノルドビク湾リャホフ諸島ビリュイ川レナ[川]ヤナ[川]アナバル川北東航路セイウチエベンキ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android