コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ララミー ララミー Laramie

3件 の用語解説(ララミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ララミー
ララミー
Laramie

アメリカ合衆国,ワイオミング州南東部を流れるララミー川にのぞむ都市。 1868年ユニオンパシフィック鉄道の建設とともに入植が始り,73年市制。現在は鉄道,牧牛,牧羊,林業がおもな産業で,観光とセメント工業も重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ララミー【Laramie】

アメリカ合衆国ワイオミング州南東部の都市。人口2万7000(1990)。牧畜,林業,鉱業(金,銀,鉄,石炭,石油)地帯の中心地で,魚釣り,狩猟,スキーなどの観光基地としても知られる。オレゴン街道上にあったが,1868年ユニオン・パシフィック鉄道の建設時に,ララミー川に臨む位置に移され,牧畜業の発展とともに成長した。ワイオミング大学(1886創設)の所在地。市名は毛皮交易ジャック・ララミーにちなむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ララミー
ららみー
Laramie

アメリカ合衆国、ワイオミング州南東部の都市。標高2100メートルの高地に位置する。人口2万7204(2000)。広大な牧畜地帯に囲まれた農産物の取引地として発達し、鉄道の修理工場や製材所、食品加工工場が並ぶ。また、ワイオミング大学(1886創立)の所在地でもあり、開拓時代の歴史資料を集めた資料館やコンサート・ホールなどの施設も充実し、同市の教育・文化の中枢的役割を果たす。レクリエーション地にはスキーや狩猟、釣りなど、年間を通して観光・行楽客が多数訪れ、観光業も重要である。1868年にユニオン・パシフィック鉄道の用地として町が開かれた[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ララミーの関連キーワードアラバマアングロアメリカシャイアンアメリカン合衆国ネブラスカワイオミングワイオミングの惨劇ワイオミング岩ワイオミング[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ララミーの関連情報