コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドルフィ ランドルフィLandolfi, Tommaso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドルフィ
Landolfi, Tommaso

[生]1908.8.9. ピーコ
[没]1979.7.8. ローマ
イタリアの小説家。第2次世界大戦前は反ファシズムを標榜して官憲の迫害を受けた。超現実主義的な作風で知られるが,多彩な翻訳家でもある。『月の石』 La pietra lunare (1939) ,『秋の物語』 Racconto di autunno (47) ,『短編集』 Racconti (61) ,『不可能の物語』 Racconti impossibili (66) ,『ローマのゴーゴリ』 Gogol a Roma (71) ,『死のすみれ』 Viola di morte (72) などがあり,ゴーゴリ,プーシキン,レールモントフホーフマンスタールなどの翻訳も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ランドルフィ(Tommaso Landolfi)

[1908~1979]イタリアの小説家。20世紀イタリア幻想文学の代表者の一人。シュールレアリスムの影響を受け、実験的な短編を多数残した。また、ロシア文学やフランス文学の翻訳家としても名高い。作「大体系の対話」「カフカの父親」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ランドルフィ【Tommaso Landolfi】

1908‐79
イタリアの作家,詩人。中部イタリアのピーコの生れ。フィレンツェ大学で文学を学び,同市の反ファシストの文学サークルに通い,《大体系の対話》(1937)を皮切りに,《ゴキブリの海》(1939),《剣》(1942)と,超現実的な短編を次々と発表する。20世紀のイタリア文学を代表するシュルレアリストといわれ,逆説,言葉の遊び,ブラック・ユーモアを用いて読者の意表をつく手法を得意とするが,作品の根底には人生への深いペシミズムが隠れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ランドルフィ【Tommaso Landolfi】

1908~1979) イタリアの小説家。シュールレアリスムの影響を受け、ペシミズムを滲ませたブラック-ユーモアに満ちた短編を多数残した。代表的短編集に「ゴキブリの海」「剣」などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランドルフィ
らんどるふぃ
Tommaso Landolfi
(1908―1979)

イタリアの小説家。中部イタリアのビーコに生まれる。フィレンツェ大学で文学を学び、同市の反ファシスト青年の文学サークルに通った。『大体系の対話』(1937)を皮切りに、『ゴキブリの海』(1939)、『剣』(1942)と、超現実主義的な短編集を次々に発表し、20世紀を代表する幻想作家と目された。ポー、ゴーゴリ、カフカらの影響を受け、逆説やブラックユーモアを用いて、読者の意表をつく手法を得意とするが、作品の根底には人生への深いペシミズムが潜んでいる。ドイツ、ロシア文学の研究者としても高名で、カジノに通い詰めるなど、奇行も多い。『月の石』(1939)、『影』(1954)、『でたらめに』(1975)などが代表作である。[竹山博英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランドルフィの関連キーワード8月9日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android