ラーニング・コモンズ(読み)らーにんぐ・こもんず(英語表記)learning commons

図書館情報学用語辞典の解説

ラーニング・コモンズ

学生の学習支援を意図して大学図書館に設けられた場所や施設.具体的には,情報通信環境が整い,自習やグループ学習用の家具や設備が用意され,相談係がいる開放的な学習空間をいう.飲食コーナが付設されていたり,図書館外に設置される例もある.1990年代に米国で増加し,日本では2000年代後半に導入が始まった.運営については,図書館資料やデータベースの利用と図書館員の常駐は必須とする考え方から,学生が快適に学習する環境があればよいとする考え方まで多様である.「インフォメーションコモンズ」「ラーニングセンター」など名称も一定ではない.図書館という物理的な空間が持つ力を評価する「場としての図書館」の議論が高まる中で,大学図書館を中心にラーニング・コモンズにかかわる多様な試みが見られる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android