リッベントロップ(英語表記)Ribbentrop, Joachim von

  • 1893―1946
  • Joachim von Ribbentrop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1893.4.30. ウェーゼル
[没]1946.10.16. ニュルンベルク
ナチス党の幹部。軍人の子として生れ,ドイツ,フランス,スイス,イギリスで学んだ。第1次世界大戦後,酒類販売業を営み,シャンペン王ヘンケルの娘と結婚。 32年 A.ヒトラーに会いナチスに入党。ヒトラーの外交顧問として 35年6月には英独海軍協定締結。 36年8月からイギリス大使として対英関係改善に努めたが高圧的な態度が嫌われ失敗した。同年日本と防共協定を締結。 38~45年外相に就任。 38年イタリアと「鉄の盟約」を,39年8月 23日モスクワに行き,独ソ不可侵条約を結んだ。第2次世界大戦中はあまり重要視されず,45年4月逃亡しようとしたが7月イギリス軍にハンブルクで逮捕され,ニュルンベルク裁判死刑判決を受け処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイツの政治家。第1次大戦でトルコ派遣軍幕僚。戦後貿易商として成功。1932年ナチスに加わり,ヒトラー信任を得て外交政策顧問となり,政権樹立や英独海軍協定締結に活躍。1938年以後外相として強硬外交を展開。独ソ不可侵条約日独伊三国同盟の成立にかかわった。ニュルンベルク裁判で死刑。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1893‐1946
ドイツの政治家。1938年2月からナチス〈第三帝国〉の崩壊までの外相。シャンパンの代理商として豊富な外国体験と語学力を持っていたが,1932年のナチス入党後ヒトラーの忠実な側近として急速に昇進,〈第三帝国〉成立後は外務省の外に作られた〈リッベントロップ機関〉を通じて英独海軍協定(1935),日独防共協定(1936)の実現に奔走,外相就任後も独ソ不可侵条約(1939),日独伊三国同盟(1940)の成立に関係した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナチス・ドイツの外交官。軍人の子。イギリス、フランス、カナダなどに在住ののち、第一次世界大戦に従軍し、戦後ぶどう酒商人として成功、シャンペン醸造元の娘と結婚した。貴族称号は叔母との養子縁組により得る。1932年ナチス党に入り、ヒトラー政権成立の際、舞台裏で少なからぬ役割を演じた。彼は自ら「ヒトラーの外交政策顧問」と称し、政権成立後「リッベントロップ機関」を設け、外務省を無視して活動し、1935年英独海軍協定を成立させた。1936年駐英大使、1938年ノイラートにかわり外相となった。元来ヒトラーとは反共産主義で結び付いた英独妥協論者であったが、このころ反英路線に転じ、1939年独ソ不可侵条約を結び、第二次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)をみると日本との軍事的連携を強め、1940年日独伊三国同盟を成立させた。戦争中、彼の政治的影響力は急速に失われた。戦後ニュルンベルク国際軍事裁判で絞首刑になった。

[吉田輝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Joachim von Ribbentrop ヨアヒム=フォン━) ドイツの政治家。ヒトラーの外交顧問として、ナチス外交を指導し、一九四〇年日独伊三国同盟を成立させた。戦後、国際軍事裁判で絞首刑に処せられた。(一八九三‐一九四六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1893〜1946
ナチス−ドイツの外交官
ナチス政権の成立を援助し,1935年大使待遇でイギリスと海軍協定を締結,38年より外相としてナチス外交を展開。第二次世界大戦後,ニュルンベルク裁判で絞首刑となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android