コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独防共協定 にちどくぼうきょうきょうてい German-Japanese Anti-Comintern Pact

3件 の用語解説(日独防共協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日独防共協定
にちどくぼうきょうきょうてい
German-Japanese Anti-Comintern Pact

1936年 11月 25日ベルリンで,日本とドイツの間に締結された有効期間5年の協定。正式には「コミンテルンに対する日独協定」と「秘密付属協定」の総称。スペインフランス人民戦線の成立,中国の抗日運動の激化,ソ連を中心とするコミンテルンの強化に対応するもので,日本にとってはソ連を牽制し,国際的孤立から脱却し,大陸政策の遂行を円滑に行うという軍部の強い要請に基づくものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にちどく‐ぼうきょうきょうてい〔‐バウキヨウケフテイ〕【日独防共協定】

昭和11年(1936)日本とドイツとの間で結ばれた協定。コミンテルンに関する情報交換、ソ連に対する軍事牽制(けんせい)を目的としたもので、翌年、イタリアも参加して、日独伊防共協定となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にちどくぼうきょうきょうてい【日独防共協定】

1936年11月25日調印された日本とドイツの対共産主義協定。正式名称は〈共産インターナショナルに対する日独協定〉。コミンテルンの活動に対抗するため,相互協力と情報交換,国内共産主義活動の弾圧を約束した本文・付属議定書,一方の国がソ連と開戦した場合には他方の国はソ連に有利となるいっさいの行動を控えることを協定した秘密協定からなる(付録に交換公文が付随)。協定締結をめざす交渉は正規の外交ルートの外側,すなわち駐独陸軍武官大島浩とナチ党のリッベントロップとの間ではじまり(1935年5~6月ころ),協定原案のめどが立ったのちに正式の政府間交渉へと移され,最終的には武者小路公共駐独大使と特命全権大使リッベントロップとの間で調印された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の日独防共協定の言及

【第2次世界大戦】より

…ファシズム対デモクラシーあるいはファシズム対共産主義の戦いとしてこの内乱は受け止められたのである。とくにこの時期,ドイツはフランスとスペインに人民戦線が成立したこともあり反共宣伝を活発化させ,36年11月に日本との間に防共協定を締結した(日独防共協定)。このような体制をめぐる対立が前面に出ていくなかで,国際政治の構造は,イギリス・フランス,ドイツ・イタリア,ソ連と分極化していくことになる。…

【日独伊三国同盟】より

…日本,ドイツ,イタリアが相ついで国際連盟を脱退する前後から,これら3国の接近が予想されていたが,軍事同盟への歩みは錯綜(さくそう)したものであった。日独防共協定(1936年11月25日)につづいて日独伊防共協定(1937年11月6日)が成立した後,ベルリン駐在武官大島浩と,1938年2月に外相に就任するリッベントロップとのあいだで,防共協定を軍事同盟に発展させるための交渉がつづけられた。日本海軍首脳部を中心に,日本国内にはドイツ,イタリアとの結合の強化への抵抗が強く,日本政府の態度はあいまいであった。…

※「日独防共協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日独防共協定の関連キーワード日調下田条約日米通商航海条約日華基本条約日韓議定書山県=ロバノフ協定北方領土の日樺太千島交換条約イルクーツク声明日ソ通商条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日独防共協定の関連情報