リニア中央新幹線

  • りにあちゅうおうしんかんせん
  • リニアちゅうおうしんかんせん〔チユウアウシンカンセン〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

U字形のガイドウェーに囲まれた内側を電磁石の力で約10センチ浮上して非接触走行する。最高時速は約500キロ。2027年に東京・品川―名古屋間(所要時間40分)を先行開業する予定だが、遅れる見通し。発着駅のある東京、名古屋のほか、岐阜、長野、山梨、神奈川各県の地上や地下に中間駅が設けられる。最短で37年に新大阪まで延伸の予定。事業主体はJR東海で、建設費用は約9兆円。

(2020-12-26 朝日新聞 朝刊 長野全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リニアモーターカー方式により、東京―大阪間を結ぶ計画の新幹線。中央新幹線、リニア新幹線、中央リニアエクスプレスともいう。最高時速は505キロメートル、東京―名古屋間を約40分、東京―大阪間を約70分で走行する計画である。2014年度(平成26)に着工して2027年に東京―名古屋間の先行開業を予定している。また、大阪までの全線開業は2037年以降になる見込みである。全線開業は当初2045年を予定していたが、2016年に政府の地方創生政策の一環で、財政投融資を活用しての事業費の一部(3兆円)支援が決定され、計画が最大8年間前倒しされることになった。

 東海旅客鉄道(JR東海)が2007年に発表した構想で、総事業費は9兆円を超える。走行ルートは山梨県、静岡県、長野県にまたがる南アルプスの直下を通るため、東京―名古屋間の全長286キロメートルのうち、86%に当る246キロメートルがトンネルである。鉄道総合技術研究所とJR東海が1996年(平成8)に開設した山梨実験線(山梨県都留(つる)市)の一部もそのまま利用される予定である。

 JR東海は2011~2013年にかけ、工事や開業に伴う沿線の環境影響評価(環境アセスメント)を実施した。2013年9月に発表された評価と対策は、人の生活環境や水質、土壌汚染、生態系への影響など多くの面で不十分な内容が多いとして、関係自治体から批判を受けたが、2014年10月、国土交通省は品川―名古屋間の工事実施計画について認可した。一方で、2014年3月の地価公示では、名古屋駅周辺が全国でもっとも高い上昇率(12%)となるなど、走行ルート周辺ではすでに影響が現れている。

[編集部 2016年11月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

リニア新幹線」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リニア中央新幹線の関連情報