コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプセット リプセットLipset, Seymour Martin

2件 の用語解説(リプセットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リプセット
リプセット
Lipset, Seymour Martin

[生]1922.3.18. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2006.12.13. バージニアアーリントン
アメリカ合衆国の政治学者,社会学者。ハーバード大学スタンフォード大学教授,アメリカ政治学会会長などを歴任。政治社会学,比較政治論の分野で実証的研究を数多く生み出した。主著『政治のなかの人間』 Political Man (1960) は経済発展民主主義相関関係を立証しようとした研究でマッキーバー賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リプセット
りぷせっと
Seymour Martin Lipset
(1922―2006)

アメリカの政治社会学者。戦後の行動科学的な政治社会学の創設者の一人。1960年代よりハーバード大学、スタンフォード大学などで教鞭(きょうべん)をとり、1990年から2006年までジョージメースン大学で教えた。リプセットが実践した分野は、古典的な社会理論や政治理論で取り上げられていたテーマを分析的な仮説として再提出し、それを経験的なデータによって実証する作業である。たとえば、国家や社会の発展を、一方では工業化・都市化・国民総生産・読み書き能力のインデックスによって数量化し、他方では正当性と有効性という概念軸を設定し、両者を関連させることで政治的安定を論じている。それは、合意と分裂を社会のなかで位置づけようとする現代民主政治の基本問題への彼の分析的な回答である。リプセットはつねに比較の視座にたち、価値体系、学生運動、知識人論、社会移動などの領域での比較研究はすでに現代の古典ともよばれるべき内容をもっている。晩年には、政党政治の分析から政党政治論に向けて積極的な研究を発表した。[内山秀夫]
『S・M・リプセット著、内山秀夫訳『政治のなかの人間』(1963・東京創元社) ▽S・M・リプセット、R・ベンディクス著、鈴木広訳『産業社会の構造――社会的移動の比較分析』(1969・サイマル出版会) ▽S・M・リプセット著、内山秀夫・宮沢健訳『国民形成の歴史社会学――最初の新興国家』(1971・未来社) ▽S・M・リプセット著、鈴木広他訳『革命と反革命――歴史の断絶と連続性を考察した「国際比較研究」』(1972・サイマル出版会) ▽S・M・リプセット編、矢沢修次郎・澄子訳『現代政治学の基礎』(1973・東京大学出版会) ▽白鳥令編『現代政治学の理論 上巻』(1981・新装版・1993・早稲田大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リプセットの関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone