コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リベイロ Ribeiro, Aquilino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リベイロ
Ribeiro, Aquilino

[生]1885.9.13. ベイラアルタ,カレガールダタボーザ
[没]1963.5.27. リスボン
ポルトガルの小説家。ロマン主義の第一人者。 1907年リスボンで革命思想の洗礼を受け,投獄された。脱獄後パリに潜伏,ここで処女短編集『嵐の庭』 Jardim das Tormentas (1913) を執筆。 14年帰国,文学活動を続けたが,新政権と対立,27年追放された。帰国してのちも常に反政府的立場を保持しつつ盛んな文学活動を行なった。 52年ブラジルを訪れ,南十字星勲章を授与された。主著,短編『サンチアゴへの道』 Estrada de Santiago (22) ,小説『曲った道』A Via Sinuosa (18) ,『割れた墓石』 Lápides Partidas (45) ,『ロマリガンイスの邸』A Casa Grande de Romarigães (57) ,『狼がほえるとき』 Quando os Lobos Uivam (58) のほか,伝記,評論,童話など。

リベイロ
Ribeiro, Bernardim

[生]1482頃.アレンテージョ,トラン
[没]1552. リスボン
ポルトガルの詩人,散文家。情感に満ちた田園詩を通じてポルトガルのブコリズム (牧歌風) の創始者となる。代表作は田園小説『郷愁』 Livro das Sandadas (1554~57) ,自伝的物語『少女と娘』 Menina e Moça (54) ,『田園詩』 Eclogas (54) ,『二人の羊飼いの歌』 Trovas de Dous Pastores (30) 。

リベイロ
Ribeiro, Manuel António

[生]1878.12.13. アルベルノーア
[没]1941.11.27. リスボン
ポルトガルの小説家。医学予備校を中退。若い頃から労働運動に従事,マルキストとなり,鉄道ストで投獄されたが,獄中にあるとき出版した処女作『大聖堂』A Catedralで文名を確立した。のちカトリックに改宗し,文筆活動に専念。主著『雄大な平原』A Planície Heróica (1927) ,『尼僧マリアナ・アルコフォラードの生と死』 Vida e Morte de Madre Mariana Alcoforado,『聖なる丘』A Colina Sagrada,『影での戦い』 Batalha nas Sombras。

リベイロ
Ribeiro, Tomás António

[生]1831.8.1. バラーダデゴンタ
[没]1901.2.6. リスボン
ポルトガルの詩人。コインブラ大学法学部卒業後,弁護士となる。 1862年下院議員,リスボン科学アカデミー副会長などをつとめ,またジャーナリストとして,雑誌『レププリカ』 Repúplica,『インパルシアル』O Imparcial,『オピニオン』A Opiniãoを発刊。代表作はスペインのポルトガル支配の衰退を語る叙事詩『ドン・ジャイメ』 Dom Jaime (1862) ,ウルトラ・ロマンティズモ的な『ユダヤ女』A Judia。ほかに『夕べ』 Vésperas (80) ,『不調和』 Dissonâncias (90) など。

リベイロ
Ribeiro Vaughan, Júlio César

[生]1845.4.10. サバラ
[没]1890.11.1. サントス
ブラジルの小説家,言語学者。共和政のために活躍。サンパウロ州のソロカバで,いくつかの新聞を発行。リオデジャネイロで修辞学の教師をつとめる。歴史小説『神父ベルシオール・デ・ポンテス』 Padre Belchior de Pontes (1876~77) ではイエズス会士とカトリックを攻撃,代表作『肉欲』A Carne (88) は性愛を描いて問題となった自然主義小説。ほかに『ポルトガル語文法』 Gramática Portuguesa (81) など。

リベイロ
Ribeyro, Julio Ramón

[生]1929. リマ
[没]1994.
ペルーの小説家。『サン・ガブリエルの記録』 Crónica de San Gabriel (1960) ,『日曜日の小悪魔』 Los geniecillos dominicales (1966) のほか,多数の短編があり,バルガス・リョサに次ぐ存在といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リベイロ【Aquilino Ribeiro】

1885‐1963
ポルトガルの作家。20世紀のエッサ・デ・ケイロスとも呼びうる優れた資質をもち,その文体は擬古文的なものから方言による表現,都市のスラングなどを取り入れたものに及び幅が広い。作品は地方を舞台にしたもの,都会を舞台にしたものなど多いが,彼の全作品を貫くものは〈自然〉である。そこに登場する人間は,動物としての人間であり,その行動の基準は本能である。それはあらゆる障害を乗り越えて生き抜こうとする本能であり,男性の場合は雌としての女性を求める本能でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リベイロの関連キーワードセバスチャン・サルガド 地球へのラブレタージョンソン(Magic Johnson)ポルトガル文学ブラジル文学アドリアーノ9月13日ファルカンロナウドセルジョマニシェ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベイロの関連情報