リベラル(英語表記)Liberal

翻訳|liberal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リベラル
Liberal

アメリカ合衆国,カンザス州南西部,オクラホマとの州境に近い都市。 1886年に町ができ,長い間近隣諸地方のウシを貨車積みする駅であった。現在は家畜や穀物の取引の中心地である。またヒューゴトン天然ガス田の東縁にあるため,石油会社やガス会社の本社が多い。人口1万 6573 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リベラル(liberal)

[形動]
政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由を重んじる思想全般の意だが、主に1980年代の米国レーガン政権以降は、保守主義立場から、逆に個人の財産権などを軽視して福祉を過度に重視する考えとして、革新派を批判的にいう場合が多い。自由主義的。「リベラルな思想」
因習などにとらわれないさま。「リベラル校風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

リベラル【liberal】

( 名 ・形動 )
自由を重んじるさま。伝統や習慣にとらわれないさま。また、そのような立場の人。 「 -な考え方」
自由主義に基づくさま。自由主義の立場をとるさま。また、そのような人。
穏やかに改革を行おうとするさま。また、そのような立場や人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リベラル

〘形動〙 (liberal)
① 政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま。自由主義的であるさま。
※明六雑誌‐二号(1874)福沢先生の論に荅ふ〈加藤弘之〉「欧洲各国近今世道の上進を裨補する最もリベラールの功に在り」
② 社会の規律や習慣、権威などにとらわれないさま。自由であるさま。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二「自然主義をお座敷向きにしようとするリベラルな流義と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベラルの関連情報