リポ多糖

世界大百科事典 第2版の解説

リポたとう【リポ多糖 lipopolysaccharide】

多糖と脂質が共有結合した物質の総称。著名なのは,グラム陰性菌のもので,これは細胞壁成分の20~30%を占めている。多糖の骨格部分はガラクトース,マンノース,ラムノース,N‐アセチルグルコサミン,グルコースヘプトースなどから成る複雑な構造をしている。糖と脂質の結合部位(Rコアと呼ばれる)には,2‐ケト‐3‐デオキシオクツロン酸(略称KDO)といった特殊な成分もある。グラム陰性菌のリポ多糖は強い抗原性を有し,O抗原とも呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android