コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポ多糖

世界大百科事典 第2版の解説

リポたとう【リポ多糖 lipopolysaccharide】

多糖と脂質が共有結合した物質の総称。著名なのは,グラム陰性菌のもので,これは細胞壁成分の20~30%を占めている。多糖の骨格部分はガラクトース,マンノース,ラムノース,N‐アセチルグルコサミン,グルコースヘプトースなどから成る複雑な構造をしている。糖と脂質の結合部位(Rコアと呼ばれる)には,2‐ケト‐3‐デオキシオクツロン酸(略称KDO)といった特殊な成分もある。グラム陰性菌のリポ多糖は強い抗原性を有し,O抗原とも呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リポ多糖の関連キーワードプロテオバクテリアシュワルツマン現象エンドトキシングラム陽性菌ボイトラーNF菌体内毒素発熱物質細菌毒素内毒素LPS細菌類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android