リン(燐)中毒(読み)リンちゅうどく

百科事典マイペディアの解説

リン(燐)中毒【リンちゅうどく】

黄リンまたは有機リン化合物による中毒。黄リン中毒は黄リン配合の殺鼠(さっそ)剤(猫(ねこ)いらず)によるものが代表的で,肝臓・胃腸障害,意識障害などを示し,重症のものは死亡する。治療は胃洗浄,下剤・催吐薬投与など。有機リン中毒はパラチオン等の有機リン殺虫剤の誤用によるものが代表的で,組織のコリンエステラーゼの作用が阻害される結果,縮瞳(しゅくどう),発汗,流涎(りゅうえん),嘔吐(おうと),下痢,頻脈(ひんみゃく),痙攣(けいれん),呼吸筋麻痺(まひ),意識障害などを呈する。治療はパム(PAM)やアトロピンの投与,人工呼吸など。
→関連項目リン(燐)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android