コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンナ リンナLinna, Väinö

4件 の用語解説(リンナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンナ
リンナ
Linna, Väinö

[生]1920.12.20. ウリヤラ
[没]1992.4.21. カンガサラ
フィンランドの小説家。小学校卒業後さまざまな職業につき,1955年から作家生活に入る。 63年北欧文学賞受賞,65年にタンペレ大学名誉教授デビュー作は小説家志望の若者の個人主義を自伝風に描いた『目標』 Päämäärä (1947) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リンナ

フィンランドの作家。戦争小説《無名戦士》(1954年)で一躍文壇に現れ,次いで《ここ北極星の下に》の農民小説三部作(1959年―1962年)で注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンナ【Väinö Valtteri Linna】

1920‐92
フィンランドの作家。小学校卒業後,農林・工場労働者となる。《目標》(1947),《黒い恋》(1948)を経て,ソ・フィン戦争下の兵士たちを描いた《無名戦士》(1954)で国際的名声を得た。ユーモアにあふれ,雑言を発して局限状況を不屈に耐えぬく兵士を描くことによって人間と戦争の真実に迫った。土地をもたないフィンランド農民の宿命を扱った三部作《ここ北極星の下に》(1959‐62)も著名。タンペレ大学名誉教授,アカデミー会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンナ
りんな
Vin Valtteri Linna
(1920―1992)

フィンランドの小説家。ウルヤラに生まれる。小学校卒業後、農林業、工場労働者として働きながら、ミッコ・マケラMikko Mkelを中心に活動が開始された文芸サークル「マケラ会」Mkeln piiriに参加し、作品を発表した。小説家志望の若者を自伝風に描いた『目標』(1947)でデビュー。ストリンドベリ風のパッションドラマ『黒い恋』(1948)を経て、戦争文学に傑作を残した。ソビエト・フィンランド戦争下、極寒・空腹・疲労・激闘の極限状況下で、不撓(ふとう)不屈の精神・ユーモア・自己を忘れずに闘い抜く特異な兵士群を描き、人間と戦争の真実に迫った『無名戦士』(1954)で国際的名声を得た。フィンランド屈指の工業都市であり、出身地でもあるタンペレの労働者の強い抵抗意識と階級意識が反映されている。三部作『ここ北極星の下で』(1959~62)は、内戦下に赤軍に身を投じた小作人が敗北を通して人生に目覚めていく過程をリアルにユーモラスに描き、ノーベル文学賞候補になった。ドストエフスキー的な主観的農民をトルストイ的自然人思想で描いた独特な戦争小説で、1963年度北欧文学賞をも受賞した。タンペレ大学名誉教授、フィンランド・アカデミー会員でもあった。[高橋静男・末延 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリンナの言及

【フィンランド】より

…またパッカラTeuvo Pakkala(1862‐1925)には心理的洞察により貧困と子どもたちを扱った《子どもたち》(1895)がある。さらにリンナンコスキは《真紅の花の歌》(1905)などで巧みに人間性を表出しているし,レヒトネンJoel Lehtonen(1881‐1934)は東部フィンランドの農民生活を描いている。女流作家としてはタルビオが才筆を振るい,ヨトゥニは短編に優れている。…

※「リンナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リンナの関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リンナの関連情報