コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸カルシウム(燐酸カルシウム) りんさんカルシウム calcium phosphate

1件 の用語解説(リン酸カルシウム(燐酸カルシウム)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんさんカルシウム【リン酸カルシウム(燐酸カルシウム) calcium phosphate】

化学式Ca3(PO4)2。リン酸三カルシウムまたは第三リン酸カルシウムとも呼ばれる。リン灰石として天然に産出し,また土壌中に広く分布して含まれ,植物の生長に必須の成分である。脊椎動物の骨や歯の主成分にもなっている。純粋なものを得るには,リン酸水素二ナトリウムNa2HPO4の水溶液にカルシウム塩の水溶液とアンモニア水を加え,生じた白色沈殿をよく洗って乾燥する。 2HPO42-+3Ca2++2NH3  ―→Ca3(PO4)2+2NH4白色の粉末。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リン酸カルシウム(燐酸カルシウム)の関連キーワードリン酸カルシウム亜燐酸ヒドロキシアパタイト燐酸カルシウム酢酸カルシウムグリセロリン酸カルシウムコロイドリン酸カルシウム酸性ピロリン酸カルシウム酸性リン酸カルシウムチアミン三リン酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone