過リン酸石灰(読み)かりんさんせっかい(英語表記)calcium superphosphate

  • calcium superphosphate, superphosphate of lime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン鉱石や骨粉硫酸で処理し,リン成分を可溶性にした粉状ないし粒状の灰白色リン酸肥料。主成分はリン酸二水素カルシウムと硫酸カルシウム。有効リン酸を 15~18%含むが,20%以上を含む重過リン酸石灰もある。単肥または他の肥料 (窒素肥料カリ肥料) と配合して使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン鉱石に硫酸を反応させて得られる灰白色ないし灰黒色の粉末で、第一リン酸カルシウムと硫酸カルシウム(石膏(せっこう))との混合物。遊離リン酸のため酸性を呈する。過リン酸、過石などと略称される。世界でもっとも古くから製造された化学肥料で、市販品の品位は可溶性リン酸15~26%(平均18%前後)を含む。日本では1886年(明治19)高峰譲吉が試製し四国のアイ(藍)の栽培に初めて使用した。現在では複合肥料の原料用が総生産の7割を超えている。化学的には酸性肥料であるが生理的には中性肥料であって、連用しても土壌を酸性化しない。肥効は速効性であるが、土壌中の鉄、アルミニウムと結合し、作物に吸収されにくくなるので、作物による利用率は通常ほかの化学肥料に比べて低い。過リン酸石灰のこのような性質は、逆に、アルミニウムが活性化しやすい火山灰土壌などの礬土(ばんど)質土壌の改良に有効であり、大量に施用されていた。しかし、蓄積リンと将来のリン資源の枯渇問題から、消費量は横ばいとなっている。[小山雄生]
『伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会) ▽肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

リン酸四水素カルシウムCa(H2PO4)2とセッコウCaSO4とを主成分とする灰白色の混合粉末.リン酸肥料として重要である.リン酸一水素カルシウムCaHPO4・2H2Oは枸(く)溶性である.水溶性および枸溶性リン酸分を総括して有効リン酸とよぶ.過リン酸石灰の吸湿性はいちじるしくないが,高温時や遊離リン酸の多い場合は吸湿する.P2O5が水溶性なので速効性である.大部分は単肥として用いるが,一部これに硫安,尿素,カリ塩などを配合し,アンモニウム塩にして複合肥料とする.リン鉱石に硫酸を作用させて製造する.主反応は,

 2Ca5F(PO4)3・7H2SO4 + 3H2O →

 (リン鉱石)

    3Ca(H2PO4)2・3H2O + 7CaSO4 + 2HF↑

    (過リン酸石灰)

わが国で広く行われていた化成むろ式の製造工程では,まず鉱石を粉砕し,分級した粉末と計量した硫酸とを混和する.約40~50秒泥状に混和し,化成むろ(コンクリート製角形)中に落とす.化成むろ中で大部分の反応が進んで発熱し(110~120 ℃),水蒸気,そのほかの発生ガスは送風機で吸引する.水分は12~14% になり,むろ出し機で削りとるのに適当な固さになる.1~2時間放置して反応が終わると固化して多孔質となるから,むろ出しをする.混和器と化成むろから出るフッ素分を含む排ガスはケイフッ化水素酸として回収する.むろ出し機は回転ナイフを備え,過リン酸石灰にあてて薄く削り落とす方式である.むろ出し直後でリン鉱石の分解率は93~94%,数日後に96~97% で以後かわらない.最近は移動床を備えた連続むろによる連続方式にかわりつつある.[別用語参照]化学肥料リン酸肥料

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android