コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過リン酸石灰 かりんさんせっかい calcium superphosphate

2件 の用語解説(過リン酸石灰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過リン酸石灰
かりんさんせっかい
calcium superphosphate

リン鉱石や骨粉を硫酸で処理し,リン成分を可溶性にした粉状ないし粒状の灰白色リン酸肥料主成分はリン酸二水素カルシウム硫酸カルシウム。有効リン酸を 15~18%含むが,20%以上を含む重過リン酸石灰もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過リン酸石灰
かりんさんせっかい

リン鉱石に硫酸を反応させて得られる灰白色ないし灰黒色の粉末で、第一リン酸カルシウムと硫酸カルシウム(石膏(せっこう))との混合物。遊離リン酸のため酸性を呈する。過リン酸、過石などと略称される。世界でもっとも古くから製造された化学肥料で、市販品の品位は可溶性リン酸15~26%(平均18%前後)を含む。日本では1886年(明治19)高峰譲吉が試製し四国のアイ(藍)の栽培に初めて使用した。現在では複合肥料の原料用が総生産の7割を超えている。化学的には酸性肥料であるが生理的には中性肥料であって、連用しても土壌を酸性化しない。肥効は速効性であるが、土壌中の鉄、アルミニウムと結合し、作物に吸収されにくくなるので、作物による利用率は通常ほかの化学肥料に比べて低い。過リン酸石灰のこのような性質は、逆に、アルミニウムが活性化しやすい火山灰土壌などの礬土(ばんど)質土壌の改良に有効であり、大量に施用されていた。しかし、蓄積リンと将来のリン資源の枯渇問題から、消費量は横ばいとなっている。[小山雄生]
『伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会) ▽肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過リン酸石灰の関連キーワード硫酸紙骨粉重過燐酸石灰肉骨粉綿火薬燐鉱石亜硫酸処理硫酸抱合過リン酸石灰(過燐酸石灰)リン鉱石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone