コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸肥料 りんさんひりょうphosphate fertilizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸肥料
りんさんひりょう
phosphate fertilizer

リン酸を含む肥料。リン酸は植物の枝,葉,つぼみ,花の発育に欠かせない成分であり,窒素,カリウムとともに肥料の3要素とされる。天然と人造とに大別され,前者には,動物性肥料骨粉グアノ,鶏糞,植物性肥料米ぬかなどがあり,いずれも遅効性で元肥または置き肥として使う。後者はリン鉱石を原料とし,代表的なものに,過リン酸石灰重過リン酸石灰,リン安,溶成リン肥焼成リン肥がある。また他の肥料成分をも含んだ配合肥料,化成肥料がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸肥料
りんさんひりょう

主成分としてリンを含有する肥料の総称。リンは植物の生育に不可欠であり、エネルギー代謝やタンパク質の合成、遺伝の場において重要な役割を演じる。リンは開花結実に関係し、実肥(みごえ)ともよばれる。リンが欠乏すると、生育が貧弱となり、開花、成熟が遅延し、茎や葉の割合に対して実の収量が少なくなる。
 リン酸肥料には多くの種類があるが、有機質のものと無機質のものに大別される。有機質のものは自給肥料、有機質肥料に属するもので、骨粉、米糠(こめぬか)、草木灰などはリン酸を多く含むが、カリ(カリウム)なども含んでいる。これらはかつて重要なリン酸肥料であったが、現在は大部分が無機質のもので占められている。無機質リン酸肥料は多くの種類があるが、よく使われる分類法は、含まれるリン酸の溶解度によるものである。用いる溶解液として、水、クエン酸アンモニウム液(ペーテルマン液)、2%クエン酸液の3種類があり、それぞれ水溶性、可溶性、ク溶性リン酸という。またその含有量の違いからリン酸肥料としての分類と評価がなされる。水溶性リン酸を主体とする肥料には過リン酸石灰、重過リン酸石灰、リン酸アンモニウム、リン酸マグネシウムなどがあり、とくに過リン酸石灰は世界でいちばん早くつくられた化学肥料で、よく使われている。可溶性リン酸またはク溶性リン酸を主体とするものには溶性リン肥、焼成リン肥、トーマスリン肥などがある。酸性土壌に好適であり、土壌改良材としても使用される。1960年代までは単肥がおもに使用されていたが、現在では複合肥料の割合が高くなっており、リン酸肥料を単独で使用することは少なくなっている。[小山雄生]
『伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会) ▽肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リン酸肥料の関連キーワードトーマスリン肥(トーマス燐肥)過リン酸石灰(過燐酸石灰)溶成リン肥(溶成燐肥)焼成リン肥(焼成燐肥)リン酸肥料(燐酸肥料)トーマスリン(燐)肥ツーヤン(資陽)県過リン(燐)酸石灰イーヤン(益陽)市溶成燐肥・熔成燐肥溶成リン(燐)肥焼成リン(燐)肥ポートリンカーンタルノブジェクエスペランス春日井新一郎ジェラルトン燐酸・リン酸重過燐酸石灰トマスリン肥