コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸ナトリウム リンさんナトリウムsodium phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸ナトリウム
リンさんナトリウム
sodium phosphate

リン酸三ナトリウム,Na3PO4 。第三リン酸ナトリウムリン酸ソーダともいう。リン酸に過剰の水酸化ナトリウムを加えた水溶液を濃縮するか,またはリン酸水素二ナトリウムに水酸化ナトリウムを当量加えると生成する。 12水塩は無色六方晶系結晶,融点 73.4℃。 100℃で1水塩になる。熱水から再結晶すると温度により,10水塩,6水塩などが得られる (常温では 12水塩) 。 212℃以上では無水塩となる。水によく溶け,強アルカリ性を呈する。リン酸水素二ナトリウムと水酸化ナトリウムに解離する。洗剤,硬水軟化剤などに用いられる。なお,医薬分野,工業関係では,リン酸水素二ナトリウムを単にリン酸ナトリウムと称することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

リン酸ナトリウム

 NanH3−nPO4で表される3種類のリン酸のナトリウム塩.醸造,食品製造に用いる食品添加物.調味料の強化剤にも使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸ナトリウム
りんさんなとりうむ
sodium phosphate

リン酸の三ナトリウム塩。リン酸三ナトリウムとも、第三リン酸ナトリウムともいう。リン酸水素二ナトリウムの水溶液に当量の水酸化ナトリウムを加え、蒸発乾固したのち電気炉で加熱脱水すると、無水和物が得られる。リン酸に過剰の水酸化ナトリウムを加えて蒸発濃縮すると、室温で12水和物が得られる。晶出の温度によって十、六、0.5水和物なども得られる。無水和物は無色の粉末で、水100グラムに0℃で4.5グラム、100℃で77グラム溶ける。水溶液は強アルカリ性を呈する。12水和物は無色六方晶系の結晶。100℃で脱水して一水和物となる。アルカリ性洗浄剤、革なめし剤、清缶剤、硬水軟化剤などの用途がある。なお、水素塩を単にリン酸ナトリウムとよぶことがある。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リン酸ナトリウムの関連キーワードディープクリーン 薬用バイタルハミガキリン酸ナトリウム(燐酸ナトリウム)リン酸水素アンモニウムナトリウムリン酸ナトリウム(データノート)GUM デンタルペーストこども5'リボヌクレオチドナトリウムOra2 ストライプ ペーストデンタークリアMAXライオンホワイト&ホワイト ライオンクリアクリーン ハミガキハイテクト 生薬の恵みクリアクリーン プラスライオンこどもハミガキリン酸二水素ナトリウム薬用ラカルト・ニュー5つぶ塩 薬用ハミガキ洗濯セッケン(石鹸)リン(燐)塩球試験クリニカ ライオン臨界ミセル濃度

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リン酸ナトリウムの関連情報