リージン(読み)りーじん(英語表記)Владимир Германович Лидин/Vladimir Germanovich Lidin

日本大百科全書(ニッポニカ)「リージン」の解説

リージン
りーじん
Владимир Германович Лидин/Vladimir Germanovich Lidin
(1894―1979)

ロシア・ソ連の作家。モスクワ大学法学部卒業。1915年から作品を発表、おもに知識人の生活を描いた。『海と山』(1922)、『鼠(ねずみ)の日常』(1923)、などの短編集で小さな人間に注目、『北風』(1925)では冒険家たちを描いた。パリを舞台にした『無名戦士』(1932)、極東のトナカイ飼育場を描いた『偉大な、あるいは静かな』(1933)の長編が有名。第二次世界大戦後は『二つの人生』など。

江川 卓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リージン」の解説

リージン
Lidin, Vladimir Germanovich

[生]1894.2.15. モスクワ
[]1979
ソ連の小説家。モスクワ大学法学部卒業後,主としてインテリの生活に主題をとった小説を書いた。代表作『探究者』 Iskateli (1930) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「リージン」の解説

リージン【Vladimir Germanovich Lidin】

1894‐1973
ソ連邦の小説家。モスクワに生まれ,1916年にモスクワ大学を卒業したが,その前年より小説を書きはじめ,短編集《春の出水》(1917),《海と山》(1922)を出した。初期作品はロマン的な要素が強いが,しだいに作風が変わり,長編《無名戦士の墓》(1932),《偉大な,あるいは静かな》(1933)でリアリズムを確立した。第2次大戦後は長編《追放》(1947),《二つの人生》(1950)などのほか,作家や芸術家との交友録《人々と出会い》(1957,61,65)を書いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android