コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リージン リージン Lidin, Vladimir Germanovich

3件 の用語解説(リージンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リージン
リージン
Lidin, Vladimir Germanovich

[生]1894.2.15. モスクワ
[没]1979
ソ連の小説家。モスクワ大学法学部卒業後,主としてインテリの生活に主題をとった小説を書いた。代表作『探究者』 Iskateli (1930) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リージン【Vladimir Germanovich Lidin】

1894‐1973
ソ連邦の小説家。モスクワに生まれ,1916年にモスクワ大学を卒業したが,その前年より小説を書きはじめ,短編集《春の出水》(1917),《海と山》(1922)を出した。初期作品はロマン的な要素が強いが,しだいに作風が変わり,長編《無名戦士の墓》(1932),《偉大な,あるいは静かな》(1933)でリアリズムを確立した。第2次大戦後は長編《追放》(1947),《二つの人生》(1950)などのほか,作家や芸術家との交友録《人々と出会い》(1957,61,65)を書いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リージン
りーじん
Владимир Германович Лидин Vladimir Germanovich Lidin
(1894―1979)

ロシア・ソ連の作家。モスクワ大学法学部卒業。1915年から作品を発表、おもに知識人の生活を描いた。『海と山』(1922)、『鼠(ねずみ)の日常』(1923)、などの短編集で小さな人間に注目、『北風』(1925)では冒険家たちを描いた。パリを舞台にした『無名戦士の墓』(1932)、極東のトナカイ飼育場を描いた『偉大な、あるいは静かな』(1933)の長編が有名。第二次世界大戦後は『二つの人生』など。[江川 卓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リージンの関連キーワードカバレフスキーモスクビンモスクワ大学レオーノフソ連邦モスクワ5000モスクワを占領せよイサコーフスキーザワツキーベーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リージンの関連情報