コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リービス リービス Leavis, Frank Raymond

4件 の用語解説(リービスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リービス
リービス
Leavis, Frank Raymond

[生]1895.7.14. ケンブリッジ
[没]1978.4.14. ケンブリッジ
イギリスの批評家。ケンブリッジ大学に学ぶ。母校で教鞭をとり,季刊誌『スクルーティニー』 Scrutinyを創刊,編集 (1932~53) 。原文の精緻な分析と倫理的価値判断とによって文芸批評に厳格な規準を設けることを主張,学界,文壇に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リービス

英国の文芸批評家。ケンブリッジ学派の一人。雑誌《スクルーティニー》を創刊し,既成文学の再評価を行い,《現代詩の革新》(1932年)では反ロマン主義的な詩観から現代詩人を高く評価した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リービス【Frank Raymond Leavis】

1895‐1978
イギリスの批評家。20世紀のイギリスで最も影響力があった講壇批評家の一人。ケンブリッジ大学卒業後,母校の講師として教鞭をとりつづけた。作品をきめ細かく読み抜き,そこに作家全体の技巧的成熟,道徳的な健全さ,感受性の均衡を読みとり,イギリス文化全体の健康状態を診断するという姿勢が彼の批評上の信念になっていた。こうした厳格な批評態度は,19世紀のM.アーノルドから受けついだものであるとともに,20世紀という大衆文化の時代にこそ,その平均化に抗して生まれる必然性があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リービス
りーびす
Frank Raymond Leavis
(1895―1973)

イギリスの批評家。母校ケンブリッジ大学で教鞭(きょうべん)をとり、文芸批評誌『スクルーティニー』(1932~53)を編集。のちブリストル大学教授。強い道徳的個性と、文学に対するひたむきな献身によって、「ケンブリッジ学派」とよばれる一群の批評家たちの指導者であった。作品は『再評価』(1936)、『共通の追求』(1952)など。[川崎寿彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリービスの言及

【スクルーティニー】より

…イギリスの文学批評季刊雑誌。1932年,F.R.リービス,夫人のQ.D.リービス,L.C.ナイトらを編集者としてケンブリッジ大学を中心に創刊。精密・厳格な批評的基準を求め,文学批評という行為を通じて,一国の文化を高めようという使命感から出発した。…

※「リービス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リービスの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス・ロマン派学会イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リービスの関連情報