コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウォフ Lwoff, André Michel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルウォフ
Lwoff, André Michel

[生]1902.5.8. アリエ,エイネルシャトー
[没]1994.9.30. パリ
フランスの微生物学者。パリ大学で医学を学び,1938年にパスツール研究所微生物生理学部長となり,微生物の遺伝学的研究を進めた。 59年パリ大学教授を兼任構造遺伝子調節遺伝子があることを証明,ウイルスの合成の遺伝子的制御に数々の業績をあげ,研究室員の J.モノ,F.ジャコブとともに 65年のノーベル生理学・医学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルウォフ

フランスの微生物学者。パリ大学微生物学教授兼パスツール研究所員。溶原菌の研究から,プロファージの存在を発見。プロファージが人為的・偶発的に誘発されて増殖相に入ると感染性ファージが放出されることを示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ルウォフ【André Michel Lwoff】

1902~1994) フランスのウイルス学者。溶原菌を用いて感染性ファージの誘発機構を解明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルウォフ
るうぉふ
Andr Michel Lwoff
(1902―1994)

フランスの微生物学者。アリエ県で生まれる。19歳のとき、パスツール研究所に勤め、そこで働きながら学び、1927年医学博士号、1932年理学博士号を取得した。同年ハイデルベルク大学、1936年ケンブリッジ大学に留学した。1938年パスツール研究所の微生物学・生理学部長につき、同研究所を微生物学遺伝学の世界的センターに成長させた。1959年からパリ大学の微生物学教授を兼任、また1962年から1971年まで国際微生物学会会長を務めた。1972年(昭和47)に来日している。
 ルウォフの初期の研究は、原生動物の栄養摂取についてであった。その後、1940年代後半からバクテリオファージの溶菌作用を研究し、その過程でウイルスの増殖に関してプロファージ(潜在ファージ)という概念を導入、プロファージの遺伝子に対する働きについて解明、また紫外線の照射がプロファージの作用を誘発することを発見した。1965年に「酵素とウイルスの合成の遺伝的制御に関する発見」により、門下生のF・ジャコブ、J・ L・モノーとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]
『アンドレ・ルヴォフ著、松代愛三・下平正文訳『生命の秩序』(1973・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルウォフの関連キーワードモノー(Jaques Lucien Monod)ジャコブ(François Jacob)フランソワ ジャコブジャック・L. モノフランシス ジャコブ5月8日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android