ルメルシエ(英語表記)Lemercier, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメルシエ
Lemercier, Jacques

[生]1585頃.ポントアーズ
[没]1654.6.4. パリ
フランスの建築家。 1607年から7年間イタリアに留学,バロック様式を学び,帰国後宰相リシュリューの知遇を得,またルイ 13世の寵を受けて,18年宮廷建築家となった (→ルイ 13世様式 ) 。彼の建築は 17世紀初頭のフランスに花開いた古典様式と彼がイタリアで学んできたバロック様式とを融合させたものであり,ルーブル宮殿の南西棟 (1624) ,ベルサイユ宮殿の狩猟用別荘 (24~26) ,リシュリュー邸 (25~35) ,ソルボンヌ聖堂 (35着工) などを建造。

ルメルシエ
Lemercier, (Louis Jean) Népomucène

[生]1771.4.21. パリ
[没]1840.6.7. パリ
フランスの劇作家。代表作は悲劇『アガメムノン』 Agamemnon (1797) ,喜劇『ピント』 Pinto (1800) 。当時の新思潮であるロマン主義を激しく批判した。アカデミー・フランセーズ会員 (10) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルメルシエ【Jacques Lemercier】

1582‐1654
フランスの建築家。ポントアーズの建築家一家の出身。作風は古典主義的傾向を示す。イタリアで修業した後,パリで数々の大造営事業にかかわるようになる。ルイ13世の命によりルーブル宮殿の増築を手がけ,カリアティード(女人柱)で名高い時計の楼館(1641)などを実現した。またリシュリュー枢機卿との関係が深く,彼の館パレ・ロアイヤル(1624‐36),彼の寄進になるソルボンヌの礼拝堂(1626‐42)などを設計し,さらにトゥール南西方のリシュリューRichelieuに彼のための城館と都市を建設。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルメルシエ
るめるしえ
Jacques Lemercier
(1585ころ―1654)

フランスの建築家。王室首席建築家としてはルイ・ルボーの前任者であり、同時にルイ14世統治下のフランス古典主義の主導者であった。彼の作品と名声は、ともに枢機卿(すうききょう)リシュリューと深いかかわりをもっている。リシュリューの要請でパリにパレ・カルディナル(1633着工、現在のパレ・ロワイヤル)を建立し、また枢機卿を記念する小都市リシュリュー(アンドル・エ・ロワール県、1631)を計画した。リシュリューの委嘱によるもう一つの作品、ソルボンヌ大学付属礼拝堂(1635~42)は、イタリア・バロック様式を巧みに適用した彼の代表作として注目される。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android