コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメルシエ ルメルシエ Lemercier, Jacques

4件 の用語解説(ルメルシエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメルシエ
ルメルシエ
Lemercier, Jacques

[生]1585頃.ポントアーズ
[没]1654.6.4. パリ
フランスの建築家。 1607年から7年間イタリアに留学,バロック様式を学び,帰国後宰相リシュリューの知遇を得,またルイ 13世の寵を受けて,18年宮廷建築家となった (→ルイ 13世様式 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルメルシエ
ルメルシエ
Lemercier, (Louis Jean) Népomucène

[生]1771.4.21. パリ
[没]1840.6.7. パリ
フランスの劇作家。代表作は悲劇『アガメムノン』 Agamemnon (1797) ,喜劇『ピント』 Pinto (1800) 。当時の新思潮であるロマン主義を激しく批判した。アカデミー・フランセーズ会員 (10) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルメルシエ【Jacques Lemercier】

1582‐1654
フランスの建築家。ポントアーズの建築家一家の出身。作風は古典主義的傾向を示す。イタリアで修業した後,パリで数々の大造営事業にかかわるようになる。ルイ13世の命によりルーブル宮殿の増築を手がけ,カリアティード(女人柱)で名高い時計の楼館(1641)などを実現した。またリシュリュー枢機卿との関係が深く,彼の館パレ・ロアイヤル(1624‐36),彼の寄進になるソルボンヌの礼拝堂(1626‐42)などを設計し,さらにトゥール南西方のリシュリューRichelieuに彼のための城館と都市を建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルメルシエ
るめるしえ
Jacques Lemercier
(1585ころ―1654)

フランスの建築家。王室首席建築家としてはルイ・ルボーの前任者であり、同時にルイ14世統治下のフランス古典主義の主導者であった。彼の作品と名声は、ともに枢機卿(すうききょう)リシュリューと深いかかわりをもっている。リシュリューの要請でパリにパレ・カルディナル(1633着工、現在のパレ・ロワイヤル)を建立し、また枢機卿を記念する小都市リシュリュー(アンドル・エ・ロワール県、1631)を計画した。リシュリューの委嘱によるもう一つの作品、ソルボンヌ大学付属礼拝堂(1635~42)は、イタリア・バロック様式を巧みに適用した彼の代表作として注目される。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルメルシエの関連キーワードRIBAフォンテーヌブロンデルヌーベルUIAサルダ建築家賠償責任保険デュ・セルソーバーリントン伯ボフラン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルメルシエの関連情報